« ジュンク堂 | トップページ | あさのあつこ/バッテリー »

2004/05/29

阿刀田高/Aサイズ殺人事件

Aサイズ殺人事件
阿刀田 高
阿刀田高/Aサイズ殺人事件捜査一課の佐村刑事は捜査が行き詰まると決まって殉職した友人の墓がある妙法寺を訪れる。
しかし、目的は墓参りではなくここの住職と碁を打つため。
実力伯仲の腕前の住職は佐原にとっていい碁敵であるが、それ以上に難事件を解決に導いてくれる頼れるパートナーなのだった。


現場に出掛けることなく話だけで事件を解決するいわゆる「安楽椅子探偵」もの。
表題作を始めとした短篇が8作入っています。

阿刀田高氏の作品はいくつか読んだことがあるけど、それらの作品からは推理小説を書くイメージがなかったので意外に思っていたら、それもそのはずこのシリーズは氏の作家生活の中で唯一の推理小説だとか。

全編そんなに複雑な筋立ての話はありません。
でも短篇の、それも安楽椅子探偵ものだったらこのくらいすっきりしていた方が安心して読めます。
ポイントは住職から解決のヒントとして与えられる不思議な質問の数々。
事件の謎解きの期待と同時に、「この質問からどんな事が判るの?」という楽しみも味わえます。
(但し、「あまりにもそれはひねり過ぎでしょう」と言うのもアリ(笑))

でも私はそれ以上に、住職のキャラクターや佐原刑事との関係、それから碁を打ちながらの2人の息のあった会話、お寺の若い修行僧によって供される季節に合わせた酒の肴などの事件に関係のない部分がキチンと作られている事に好感が持てました。

|

« ジュンク堂 | トップページ | あさのあつこ/バッテリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/676178

この記事へのトラックバック一覧です: 阿刀田高/Aサイズ殺人事件:

« ジュンク堂 | トップページ | あさのあつこ/バッテリー »