« 「続きを読む…」を設定 | トップページ | トラックバック »

2004/05/16

東野圭吾/超・殺人事件

超・殺人事件―推理作家の苦悩
東野 圭吾
東野圭吾/超・殺人事件面白かった!
推理小説家と編集者を主役にした推理小説の舞台裏を描いた短篇が8篇入ってるけど、全編ブラックなパロディになっている。

人物設定が(実際にそうかどうかはともかく)いかにも「誰かをモデルにしました」って感じになっているので、本は好きだけどそんなに事情通(と言うか勉強家)ではない私にも「もしかしてこれってあの作家のことかな~?」みたいな事が頭に浮かんで色んな想像をしてしまった。
これは(当然)作家の意図だと思うので、まあ「思うつぼ」ってヤツだけど、それに乗ってしまうのもまたこの作品の楽しみ方かと。

全編趣向が全く違った作品でどれも面白いけど中でも、所得税の支払いを少しでも少なくするために手元にある請求書を元に作品を書いていく「超税金対策殺人事件」、高齢で呆けてしまった作家が書いた滅茶苦茶な推理小説に苦悩する編集者(しかし、その編集者の正体は…!)を描いた「超高齢化社会殺人事件」、本を読む時間がない書評家の元に現れたセールスマンが扱う「どんな小説の書評もたちどころに書き上げてくれる」機械『ショヒョックス』を巡る騒動を書いた「超読書機械殺人事件」あたりがお気に入り。
(「超読書機械殺人事件」は以前読んだ神林長平の「言霊」に(作風は全く違うけど)設定がちょっと似ていた。「言霊」も興味深いテーマで好きな作品。オススメです)

それにしても東野圭吾と言う作家は「白夜行」のような重厚な作品があると思えば、こうした軽くて笑える作品も書ける、しかも巧いということろがスゴイと思う。
と言っても私のような体力も気力もない人間には、なまじ巧いだけに重い作品を読むのはつい敬遠してしまうのも事実。
(読むと自分の気持ちも持って行かれてしまうので、現実生活でも落ち込んだりしてしまうのだ(泣))
それに比べるとこういう軽めの作品は何も気にせず「通勤のお供」的な気軽さで読めるのが嬉しい。
でもそうした作品にしても単に「笑えればいい」って感じのナンセンスな作品ではなく、笑うのを止めて意味を少し深く考えれば現実の社会制度とか常識を鋭くとらえている作品である事が判る。
笑いでフィルターが掛けられている分、却ってそこに込められている重さは純度が高いのかも。


<関連サイト>
「東野圭吾公式ホームページ」

|

« 「続きを読む…」を設定 | トップページ | トラックバック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/602444

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾/超・殺人事件:

« 「続きを読む…」を設定 | トップページ | トラックバック »