« 週末頭痛 | トップページ | 「新選組!」#31 »

2004/08/08

黒岩重吾/子麻呂が奔る

子麻呂が奔る
黒岩 重吾
黒岩重吾/子麻呂が奔る厩戸皇太子(聖徳太子)の元、犯罪調査の職に就いている官人・調首子麻呂(つぎのおびと ねまろ)が
と部下の秦部魚足(はたべの うおたり)が斑鳩の里で起こる難事件を解決する古代ミステリー。


飛鳥時代が舞台のミステリーって言う発想がスゴイですね。
今まで読んだミステリーの中でも一番時代が古い作品です(笑)

事件の内容は「私怨のために相手を殺してしまった男の話」や「相手を失脚させるために部下に毒を飲ませて殺してしまう話」、「子麻呂の息子の不登校の話」などで、時代が変わっても人間が考えること、やることはあまり変わらないようです。

黒岩重吾氏と言うとどちらかというと硬めの作品が多いと思っていたのですが(ずっと以前「聖徳太子」(全4巻)を読み始めたのですが、難しすぎて挫折した経験アリ)、こういう作品も書いていらっしゃったんですね。
それが一番意外な感じがしました。

ただ、やはりミステリーを書き慣れていないようで、ちょっと説明がくどかったり、前後の脈絡がよく判らなかったりする部分が多いような気がしました。
また、その当時の生活習慣とかしきたりについてあまり説明が無く話が流れていってしまうのも、そうした歴史的事実に疎い私にはちょっと辛かったです。
(解説によるとこの作品は『斑鳩宮始末記』の続編らしいので、その前作にはそうした記述もあるのかも?)

|

« 週末頭痛 | トップページ | 「新選組!」#31 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/1151585

この記事へのトラックバック一覧です: 黒岩重吾/子麻呂が奔る:

» 『子麻呂が奔る』(黒岩重吾著・文春文庫)を読了す [畝源 The ブログ]
 黒岩重吾氏はつい最近平成15年に亡くなった作家だ。古代を舞台にした歴史小説を多く書かれていた作家というのが私の印象だ。私は、彼の作品は、これ以外ではまだ3冊ほどしか読んでいない。といっても性に合わないとかいうのではない。日本の古代には興味が無いわけではないが、他の時代に比べると多少興味が少ないので、こうなったのかもしれない。  この作品は、『斑鳩宮始末記』の続編とのことだが、表紙をみても、それらしき記述はなかったので、『斑鳩・・・』はまだ読んでいなかったが、読んだ。読むうちにシリーズものでは... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 18:39

« 週末頭痛 | トップページ | 「新選組!」#31 »