« 北方謙三/黒龍の柩(上下) | トップページ | エルミタージュ美術館展@江戸東京博物館 »

2004/09/03

「人体の不思議展」のススメ

去年の9月から今年の2月まで東京で開催されていた「人体の不思議展」が札幌、浜松の展示を経てまた明日から東京に戻ってきます。
場所は前回と同じ東京国際フォーラム

私は去年の11月に1度観に行きました。
行く前は「本物の死体を使った人体標本」とか「人間の輪切り」とかの情報を聞いて<キワモノ>的なイメージがあったのですが、たまたま近くに行くついでがあったのでひやかし半分で中に入ってみたところ…その展示の数と内容に圧倒されて夢中で見て回っていました。
博物館や美術館は好きなので割と足を運ぶ機会も多いのですが、あんなに集中して展示物をじっくり見た事はなかったかも。
「人間の身体」の精密さ、複雑さ、不思議さにとても感動して、自分の身体をもっと大切にしないと…と言う気持ちになりました。

展示されているものは「本物の死体を使った人体標本」と言う聞いただけだと「ちょっとグロイ?」と言う印象を受けるようなものなのですが実際に見てみるとそう言った「気持ち悪さ」や「怖さ」は全く感じません。
それはこの展示会の趣旨が純粋に医学的、生物学的なものであるためです。
それに会場も明るいし、観客の人たちもみんな「粛々と」展示物に集中していて全体的に落ち着いた雰囲気なので恐がりの方でも大丈夫。
ホラー映画やスプラッタ的なものは大の苦手の私が平気で見て回れた事からもそれは保証できます。

人間の身体の中をあんなふうにじっくり見る機会はそうそうない(あったら困る(汗))と思いますので、お近くにいらっしゃって未見の方はこの機会にぜひ。
私も期間中に一度は行こうと思っています。

但し、前回同様今回もかなりの混雑が予想されますので、その点にはご注意下さい。
ちなみに私は前回、入ってから出るまでに2時間ほどかかりました…。
(そのくらい掛かっても大丈夫なくらいしっかりした展示内容でしたが)
時間に余裕のある日にゆっくりとどうぞ♪

そうそう。
私の行った時も医療関係の方がかなりたくさんいらっしゃったようで、小さい声で展示物について専門的な解説をしている人が何人もいました。
そういう人を見つけてさりげなく傍に立って一緒に解説を聞く、と言うのもアリかも(笑)

|

« 北方謙三/黒龍の柩(上下) | トップページ | エルミタージュ美術館展@江戸東京博物館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・ ブログ:風のまにまに(by ironsand)
http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20090205

投稿: 人体 | 2009/02/11 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/1351914

この記事へのトラックバック一覧です: 「人体の不思議展」のススメ:

« 北方謙三/黒龍の柩(上下) | トップページ | エルミタージュ美術館展@江戸東京博物館 »