« 「ミステリー民俗学者 八雲樹」 | トップページ | 「新選組!」#41 »

2004/10/16

「役者魂」

これも夕べ見たTV番組。

脚本の一字一句、果てはその行間にまでイマジネーションを働かせ、観客の感想を超えるべく役作りに全神経を集中させる役者たち。

この番組は、史上初! 役者対役者の演技対決、脚本のない演技バトルである!!
二人の役者に与えられるのは、人物設定とシチュエーション、そして結末のみ。
自らの想像力と演技力だけを頼りに、繰り広げられるたくみな心理戦(かけひき)
役者生命をかけた、前代未聞の真剣勝負が今、幕を開ける!
フジテレビ公式サイト 番組案内より)

と言うことで、出てくる役者は2人だけ(近藤芳正、田中要次)、しかもセリフも展開もその場で考えて演技すると言うなかなか緊張感溢れる番組でした。
2人の役者は事前にお互いの演技プランを相談することも出来ないらしく、どう展開するか以前にどちらが先にセリフを喋ってどちらが主導権を握るかあたりから既に駆け引きに入っていく緊張感が面白かったです。

ただ、やっぱり相手の出方が判らないせいだと思うのですが、途中の展開が結構強引だったり説明不足で勢いで最後の状況(これは最初から設定済み)に持っていったりしていた感じもなきにしもあらず。
しかも、視聴者としては彼らの演技をそのまま全て見られるわけではなく、ある程度編集したものになってしまうのである部分を超えると演技者の緊張とこちらの意識の乖離が大きくなりすぎて、気分的にちょっと「飽き」が入ってしまう感覚もありました。

セリフはもちろんアドリブでいいのですが、最初と最後の設定だけでなく物語の大きな流れとかそれを表現するいくつかのキーワード(それは必ず入れなきゃダメ!みたいな)くらいは役者同士とTVのこちら側の視聴者も共有出来た方が判りやすいかも…。

それに役者の心情を表現している(のであろう)画面余白の字幕はちょっと邪魔だったかなあ。
何かちょっと狙いすぎな感じがしました。
出来れば役者本人からあの時実際にどう感じていたかのコメントが聞ければいいんですけどね。
それもなかなか難しいか。

でも、ラストの盛り上がりはさすがでした。
「どちらかがどちらかに殺される」と言う最後になる設定だったのですが、それをどちらにするのが流れ的に自然なのか2人がお互いに探り合っている状況とか、それが決してからの怒濤の演技力とか。
アドリブだからこその迫力があったと思います。
ただ、これは今回の2人の力量があってこその結果だと思いますが。

これは役者にとっては力量を試される恐ろしい番組ですね。
今回は2人とも力が拮抗していたので上手く行った例だと思いますが、組み合わせによってはかなり危ない出来になってしまうかと思います。(それはそれで面白いかも?)
そのためか今後の予定は未定のようですが(夕べの放送の最後に出演者を(笑)募集してました)、ぜひぜひ定期的に継続して「こっそりと」(笑)やって欲しいなあ、と。
ただ、あまりにも夜中過ぎるので私が見逃す可能性大なのが難点…(汗)

■「役者魂」(フジテレビ系 2004年10月16日 1:15~2:15)

|

« 「ミステリー民俗学者 八雲樹」 | トップページ | 「新選組!」#41 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/1694307

この記事へのトラックバック一覧です: 「役者魂」:

« 「ミステリー民俗学者 八雲樹」 | トップページ | 「新選組!」#41 »