« 「天井桟敷」と言えば… | トップページ | 覚え書き:「グランマ・モーゼス展」開催 »

2004/11/02

「スウィング ガールズ」

請求処理が予定通り終わったので定時で上がって豊島園まで直行。
ユナイテッド・シネマとしまえんにて映画「スウィング ガールズ」を観てきました。
この作品、あちこちで「面白かった!」と言う評価をたくさん見ていたので期待していたのですが…残念ながら私には今ひとつでした。

全体的な勢いとかは嫌いではないのですが、う~ん…笑いのポイントが微妙にずれている感じ。
何かがどこかに引っ掛かるのですがそれが私の頭とか気持ちに落ちる前にストーリー自体が進んでいってしまって、未消化な自分の気持ちばかりが後に残されている場面がとても多かったような感じがしました。
高校生の彼女たちのスピードについていけなかったと言うことかも知れません(汗)
それとやっぱり彼女たちの誰にも感情移入が出来なかったのが大きな要因でしょうか。

でもラストの演奏会でのスィングっぷりは圧巻!
「お見事!」でした。
ただ、なんだか急にすご~く上手くなっていた事にちょっと違和感を感じてしまったので、あそこに行くまでの技術的な進歩の様子をもう少し入れ込んでくれたらもっと良かったな。

登場人物の中では吹奏楽部顧問役の白石美帆が意外にも良かったです。
公式サイトのキャスト紹介によると

可愛い顔をしてホイホイ人を傷つけるタイプ。でも悪気はなく、ただデリカシーとか感受性が欠如している天然の人なのだ。

だそうです(笑)
その通りのおっとりしててざっくばらんで無神経、でも明るくて悪気がない感じがとても良かったです。
私としては無意識にポロっと出てしまう一言がもっと判りやすく他人に対してキツイセリフだったりしても良かったかな、と思いましたが。

********************

さて、ユナイテッド・シネマとしまえんですが、駅前にあって新しくてキレイでゆったりしていてしかも人が少ない(笑)と言う理想的な映画館でした。
(トイレもキレイだった!)
丁度他の映画(「2046」とか「コラテラル」とか「笑の大学」とか)が始まったばかりだったせいもあると思うのですが、私が入った時にはロビーに人が5~6人しかいないような状態でした。
あまりにも閑散としてるので「今日は営業終わり…?」って思ってしまったくらい(笑)
他の劇場はどのくらい入っていたのか判らないのですが、「スウィング ガールズ」は90人定員のところ、20人弱くらいの入りでした。
まあ、この映画は公開が始まってからかなり経つので平日の夜だったらこのくらいで普通なのかな。

私には利用しやすい映画館なので、このままいい状態で続いていって欲しいです。

「スウィング ガールズ」公式サイト

ユナイテッド・シネマとしまえん

|

« 「天井桟敷」と言えば… | トップページ | 覚え書き:「グランマ・モーゼス展」開催 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/1847452

この記事へのトラックバック一覧です: 「スウィング ガールズ」:

« 「天井桟敷」と言えば… | トップページ | 覚え書き:「グランマ・モーゼス展」開催 »