« 15分間のお昼寝タイム | トップページ | 「海峡を渡るバイオリン」 »

2004/11/25

ロイヒつぼ膏

roihi.JPG今週はデータ入力やメール打ちがいつもよりもかなり多くて、肩凝りが臨界点に達しそうな気配。
今日も仕事中からずっと腕が怠い、と言うよりも既に"痛い"状態になっていたので「早めに上がってマッサージに行こう!」と思っていたんだけど、こういうときに限ってトラブルが次々と押し寄せて来てしまいなかなか帰れない…。
結局何とか一段落付いたときには8時近くなっていたしお腹も空いていたので今日は諦めることに。
その代わりに駅前の薬局で「ロイヒつぼ膏」(ニチバン)を買って来た。

「ロイヒつぼ膏」は『肩凝り・腰痛の温感貼り薬』。
500円玉くらいの大きさの円形シートが156枚入っていて、これを剥がして痛みのある(凝っている)部分に貼るというもの。
これが効くんだな~。
貼るとその部分がすぐに熱くなって、肌がチクチクして痛いくらい刺激がある。
かなり強力に薬が配合されている感じで、それが身体に染みこんで痛みに効いてる~ッて実感がある。
実際、かなり肩凝りが酷いときでもこれを貼っておくと取りあえずその場はしのげるのだ。

定価は1,200円だけどうちの近所のドラッグストアなどでは値引きされているところが多く、今日買ったお店は880円だった。

肩凝りの方にオススメ…だけど、かなり薬が強いので肌が弱い人はかぶれる可能性大なのでご注意を。
それから「臭い」も結構キツイです(汗)
(いわゆる「湿布臭い」ってヤツ。会社では大丈夫かもしれないけど、通勤電車はちょっと危険かと)

でも、こういう方法はやっぱり「一時しのぎ」なので明日こそはマッサージに行かないと…。

|

« 15分間のお昼寝タイム | トップページ | 「海峡を渡るバイオリン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/2068213

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヒつぼ膏:

« 15分間のお昼寝タイム | トップページ | 「海峡を渡るバイオリン」 »