« 「タイガー & ドラゴン」 | トップページ | 今年は連休が多い »

2005/01/10

荻原規子/空色勾玉

空色勾玉
荻原 規子
荻原規子/空色勾玉狭也は羽柴の山里に住む村娘。
繰り返し夢に見る幼い頃に5人の鬼に追われた記憶だけが唯一の不安だったが、それ以外は貧しいながらも平和に暮らしていた。
しかし美しく育った狭也が15の年の村祭りの夜に狭也の不安は現実になる。
5人の見知らぬ、不吉な集団が狭也の元に現れこう告げたのだ。
「お前は水の乙女。闇(くら)の氏族の巫女姫の生まれ変わりだ」。
その日から狭也の運命は大きく変わり始める…。


噂通り面白かった。
個性的なキャラクター、奥行きのあるストーリー展開、明確で判りやすいテーマ、適度な緊張と緩和、そしてラブストーリー。
古代日本の神話をベースにその設定を生かしながら、新しいキャラクターを登場させることでその世界を判りやすく新しく描いてあり、 とても楽しく読むことが出来た。

私が好きだったのは伊吹王と岩姫だな。
やっぱりオトナはこのくらい度量が大きくて、優しくかつ厳しいのが理想でしょう。
若者の持つエネルギーや熱意と言うのは確かに素晴らしいけど、それを失った時に得られる大人の思慮や判断力や包容力がある。
この物語が安定しているのは若者だけで突き進んでいくのではなくて、 その傍らにしっかりした指標となる大人がいてちゃんと道を指し示しているからではないかな。
その中でも伊吹王と岩姫の優しさ、大きさ、暖かさは素晴らしく、最後まで他人を思いやりながら消えていく2人の最後の場面は涙なしでは読めなかった。

しかし、感動しつつも「狭也と鳥彦ってサリーとカブみたいだわ~」と思っていた私はやっぱりオバサンかしら(笑)


<関連サイト>
「時の娘」荻原規子氏公式サイト

|

« 「タイガー & ドラゴン」 | トップページ | 今年は連休が多い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この本のシリーズって、装丁がいいですよね。
(実家にあるのですけど、読み損なってます…)
ちょうどわたしは中公文庫から刊行が始まった、
荻原さんの「西の善き魔女」を読み進めています。
ノベルズ版らしーい(元が)、乙女心をくすぐる内容です。
手持ち無沙汰な時にでもどうぞー。

投稿: suminiya | 2005/01/10 17:21

suminiyaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

「西の善き魔女」はノベルス版で以前読みました。
出だし(2巻目くらいまで)は良かったのですが、段々フィリエルの性格が鼻に付いてきてしまい読後感は「う~ん、イマイチ」でした。
その時感じたのが「ちゃんと交通整理してくれる大人がいた方が判りやすい」だったので、それが今回の感想に反映している気がします。

suminiyaさんの感想、楽しみにしています。

投稿: tako | 2005/01/10 17:52

あ、既読だったのですね、失礼しました!
ちょうど文庫の2巻まで読んだところです。
ボーイズラブの描写が出てきた時には目眩がしました。
どこへ行くんだこの話、と。
うーん、この先、takoさんの気持ちがわかりってしまいそうで怖いです(笑)
文庫は挿絵が入っていなくて、手にとりやすかったです。
マンガ絵の挿絵って、イメージが固定されてしまうのが苦手で…。

ところで、お花のアイコン可愛いですね。blogタイトルとお揃い!
サイドバーの折りたたみと合わせて、参考にさせていただきます(い、いつか…)。

投稿: suminiya | 2005/01/12 02:51

suminiyaさん、またまたありがとうございます!

>この先、takoさんの気持ちがわかりってしまいそうで怖いです(笑)

あっ、変な先入観を与えてしまったかな~^^;
だとしたらゴメンナサイ。
でも、判って貰えたら嬉しい気持ちもあったり…複雑です(笑)
以下のページに2年ほど前に書いたヘナチョコな感想がありますので、読了後にもし興味があったら読んでみて下さい。
http://homepage3.nifty.com/tacop/books/books02/booksreview02_5.htm#nisinoyoki1
※下から上に1冊ずつ書いてあります。

アイコン、誉めていただいてありがとうございます♪
私も全然判らないので全てよそ様からのコピー&ペーストです^^;
それでも何とかなるし、コピー元のブログの管理人さんは親切で丁寧な方が多いので判らなければ相談に乗っていただけるので大丈夫ですよ!

投稿: tako | 2005/01/12 21:32

荻原さんの本はshinも大好きなんです!

『西の~』はイラストが苦手&文庫本なので読んでないんですが、
後は『王国の鍵』も『風神秘抄』も読んでます。

でも一番は『白鳥異伝』ですね(>μ<)
三部作はどれも甲乙つけがたいですが…。

って、いきなり失礼しました(^^;
ココログカスタマイズでお世話になってるshinです。
あんまりカスタマイズのページを見てるのでついこっちにも飛んできちゃいました(笑)
失礼しましたっ\(;゚д゚)/

投稿: shin | 2008/10/03 23:58

■shinさん
こんにちは~。いらっしゃいませ[♪]

>『白鳥異伝』

これと『薄紅天女』の三部作は読もうと思っているんですけど…私は逆に文庫のほうが読みやすい(電車の中で読むので)のでなかなか実行に移せません。
…と思ったら、新書版があるみたいですね。
今度探してみます。

こちらは本の感想メインで更新も週1ペースくらいですが、カスタマイズのほうよりは動きがありますのでまた何かありましたら遠慮なくコメント下さいね。
お待ちしています(*^-^)

投稿: tako | 2008/10/05 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/2527960

この記事へのトラックバック一覧です: 荻原規子/空色勾玉:

« 「タイガー & ドラゴン」 | トップページ | 今年は連休が多い »