« ココログの障害対応は? | トップページ | 記事のカテゴリー選択 »

2005/02/05

書きやすい油性ボールペン

特に理由はないのだけれど、最近「書きやすいボールペン(油性)」探しにハマっている。
ま、「ハマっている」と言ってもたま~に(週1くらいかな)デパートの文房具売り場に行ってボールペンを探して買ってくる程度のことなので、 本気で好きな人にとっては「ケッ」てなレベルではあろうけれど^^;

私がまともに手書きで文字を書くのは、会社で電話を取る時のメモくらい。
なのでこの時にいかにスムーズに、きれいな字を書けるか、と言うのが私のボールペン選びの条件。
(あっ、スイマセン。ここで「きれいな」と言うのは「一般的な意味で美しい」と言うことではなく、「私の判断で納得できる程度にまとまっている」と言った感じの意味です(笑)念のため^^;)
日本のボールペンの芯の太さは0.5mm~0.7mmくらいが主流のようだけど筆圧が強い私が早く字を書くためにはこれでは細すぎるのでなるべく太字のボールペンを選ぶことになる。
かつ、100円から高くてもせいぜい150円くらいの廉価版だということが重要。

そんな中で最近気に入っているのは以下の2点。

パイロット スーパーグリップ 超極太1.6mm

現在私が知っている中でも最も太い芯の油性ボールペン。
これはかなり書きやすい!
とにかく「超極太」なので電話を聞きながら、かなりの走り書きで書いてもストレスなくインクが滑ってくれて気持ちよくメモ出来る。
グリップのラバー部分も柔らかく持ちやすくて○。
唯一の欠点はキャップ式であること。
使用後は「必ずキャップをカチッと音がするまでしめて下さい」と書いてあるんだけど、 使用頻度が高いのでいちいち開けたり閉めたりするのが面倒。
たまにちゃんとしまってなくて、書いている途中でどこかに行ってしまうので探すのが大変^^;

三菱 uni VERY楽ノック

これは1.4mmの極太が見つからなかったので、1.0mmを使用中。
これはこれでスムーズで書きやすいけど、上の1.6mmを使った後に使うと紙に当たった感触が硬く感じてしまう。
でもこのボールペンはスーパーグリップと違い「ノック式」であるのが偉い!
キャップをなくす心配がないし、ノックする(押す)部分がいい感じで丸くなっているところや全体的なデザインも好き♪
ぜひ近いうちに1.4mmを見つけて試してみたい。

どちらも書きやすいので太字ボールペンをお探しの方は一度お試し下さい。

|

« ココログの障害対応は? | トップページ | 記事のカテゴリー選択 »

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/2809417

この記事へのトラックバック一覧です: 書きやすい油性ボールペン:

« ココログの障害対応は? | トップページ | 記事のカテゴリー選択 »