« 覚え書き:石田衣良さんサイン会開催 | トップページ | 三省堂書店、ポイント制を導入 »

2005/03/11

畠中恵/ねこのばば

ねこのばば
畠中 恵
畠中恵/ねこのばばお江戸日本橋の大店・長崎屋の病弱な一人息子・一太郎と彼を囲む妖(あやかし)たちの物語。
「しゃばけ」シリーズ第3弾。
「茶巾たまご」「花かんざし」「ねこのばば」「産土(うぶすな)」「たまやたまや」の5編を収録。


2冊目の「ぬしさまへ」と同じく一太郎と妖たちを中心にした連作短篇の形を取った作品集。
相変わらず読みやすくサクサク読めてしまった。
でも「面白かった!」と手放しで言えないのが残念。

う~ん…なんて言ったらいいのか…。
このシリーズ、好きなんだけど読むたびに「あれ?」って思ってしまうのだ。
「こんなはずじゃないんだけど」って。
それは私の「この登場人物で、この文章なら、こんな話」って言う勝手な思い込みがすごく大きいから、だと思う。
で、結果的に私の思っている「こんな話」とは別の方向の物語がそこに展開されているので、 そのギャップが埋まらないまま読み終わってしまった…と言う感じ。

いろいろ言いたいことはあるんだけど、何よりも「もっと若だんなと妖たちの関係」を中心に書いてもらいたいなと思う。
確かに、 若だんなだって妖たちとばかり遊んでいるわけではなくてちゃんと人間社会で普通の生活をしているわけだからそうした描写が出てくるのを否定するわけではない。
でも今回みたいなお話だとあまり彼ら(若だんな+妖たち) が主人公である必要はないんじゃないかな~と思えるくらい別の要素が大きくなりすぎているのが気になってしまったのだ。

話の展開もちょっと複雑すぎると感じることが多いし、それに比べて謎解きの部分はちょっと乱暴な感じがしてしまう話も多かった。
特に「茶巾たまご」と「ねこのばば」の犯人像ってのは…。
もう少し希望の持てる、犯人の心の中にも思いを致すことの出来るようなそんな結末であって欲しかった。

ここまでしてわざわざ人の出入りの多い推理小説(判じ物)にする必要があるのかな~?と言うのが正直な感想。
せっかく印象的な登場人物を持っているんだから、もっと単純な人情話の方がキャラクターにあってると思うんだけど。
ま、外野からは何とでも言えるってことだけど。

佐助視点の「産土」は(途中がちょっと長かったけど)しっとりしていて印象的。
最後の一行でちょっと泣けた。

|

« 覚え書き:石田衣良さんサイン会開催 | トップページ | 三省堂書店、ポイント制を導入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

「あれ?」というのはわたしも…。
番外編をずっと読んでいる気がしてきます。
三冊目にしてお春ちゃんとの決着がついているので、
そういう意味では出し惜しみがないとは思うのですけど。
でも、若だんなのこの先、と考えても、
それも、はてどうすれば?といったところです。
結局、続きがあれば気になっちゃうんでしょうね(笑)

投稿: suminiya | 2005/03/16 02:18

■suminiyaさん

>番外編をずっと読んでいる気がしてきます。

ああ、上手い表現ですね~。
確かにそんな感じですね。

そろそろガッツリ長編を書いて白黒つけて欲しい、とつい思ってしまったり…^^;

投稿: tako | 2005/03/17 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/3261719

この記事へのトラックバック一覧です: 畠中恵/ねこのばば:

» 「ねこのばば」畠中恵 [AOCHAN-Blog]
タイトル:ねこのばば 著者  :畠中恵 出版社 :新潮社 読書期間:2005/05/31 - 2005/06/02 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] え!? 身体が弱くて、繊細で、正義感いっぱいの、あの若だんながグレちゃった? 犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々――。ドキドキ、しんみり、ほんわか、ハラハラ。愛嬌たっ... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 13:18

» 畠中恵【ねこのばば】 [徹也]
貧乏神が、福をもたらした? [続きを読む]

受信: 2006/10/17 13:19

» 畠中恵【ねこのばば】 [徹也]
貧乏神が、福をもたらした? [続きを読む]

受信: 2006/10/17 13:23

« 覚え書き:石田衣良さんサイン会開催 | トップページ | 三省堂書店、ポイント制を導入 »