« ハーゲンダッツ「クリスピーサンド 抹茶黒みつ」 | トップページ | キーワード順位チェックツール »

2005/03/15

「他者の思考」と「自己の思考」の境界線

ブログを読んでいくときに、書き手を意識して読んでいる場合はいいんだけど、 新着記事を次々とクリックしてブラウズするような見方をしていたりすると「この記事は誰か(自分とは違う人が)が書いた(考えた) ものなんだ」と言う意識が段々薄れてきてしまって、「思考」だけがそこに転がっているような錯覚に陥ることがある。
で、たまたまそこに書いてあることが自分の考えと近かったりするとその内容が自分の中にインプットされてしまい、 自分の思考と混じり合ってしまう。
それだけならまだいいけど、極端な場合には「自分の思考」として認識されてしまうってことも起こるような気がする。
その後、自分がいざそのことについて記事を書こうとしたときに、 何の違和感もなくどこかのブログで見てきた他人の意見をまるで自分の思考のように書いていることもあったりして…。

他人が書いた文章をそのままコピー&ペーストしたものなら書いた人がそれを見つけた場合「自分のものだ」と主張することが出来るけれど、 一旦自分のフィルターを通ったものは書いてあった文章そのままではないから元の文章を書いた本人も見つけることは難しいと思う。
「ああ、自分と似たことを考えている人がいるんだなあ」と思うかも。

もちろん人の思考と言うのは、 全くのオリジナリティで成り立っているわけではなく外的要因によって影響されたり触発されたり補完されたり修正されたりして出来上がっていくものだと思うので誰かの文章を読んで影響を受けること自体は当然だと思うけれど、 あまりにも大量の情報を無自覚に自分の中に入れ続けていると「他者」と「自己」の間の境界線が曖昧になってしまったりするんじゃないのかな。


…と言うようなことを、大量のブログをボヤ~ッとブラウズしながら考えている今日この頃。

もっとちゃんとした結論のある記事になりそうだけど、今のところこれ以上発展しないので取りあえずアップしておく。
また考えがまとまったら追記するかも。

|

« ハーゲンダッツ「クリスピーサンド 抹茶黒みつ」 | トップページ | キーワード順位チェックツール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/3313841

この記事へのトラックバック一覧です: 「他者の思考」と「自己の思考」の境界線:

« ハーゲンダッツ「クリスピーサンド 抹茶黒みつ」 | トップページ | キーワード順位チェックツール »