« 新カテゴリを追加 | トップページ | 謎の飛行物体? »

2005/04/03

「タモリのジャポニカロゴス」

夜7:00からフジテレビで放送された「タモリのジャポニカロゴス」 と言う番組を見た。
番組の内容は、

大笑いしているうちに、日本語の面白さ、奥深さ、不思議さを発見し、 刻一刻と生まれ来る新たなる形の日本語までも習得できてしまうという画期的教養バラエティなのである。(フジテレビ公式サイト 番組紹介ページより引用)

とのことで、所謂 最近流行の「日本語再発見番組」の一つ。

具体的には「方言」、「似た言葉の意味の違い」、「オノマトペ(擬音語、擬態語)」、「辞書に書かれている言葉の意味」(もちろん、 対象となるのは「新明解国語辞典」である(笑))、「○○な場面での敬語の使い方」、「顔文字」、「ト書きに書かれた感情を演じ分ける」… などなど盛りだくさんな内容でかなり楽しめた。
こういう番組だけで日本人の日本語が飛躍的にウツクシクなったりすることは難しいと思うけど、何かの「きっかけ」になる可能性はあるかも。
(「本を読んでみようかな~」とか「辞書買ってみようかな~」とかね)

まあそうしたことがなくても、ただ単に芸能人を集めて生放送で何時間もグダグダやってるクイズ番組よりは、 この時期のTV番組としては何倍もマシだからそれだけでもマルかな。

お正月の放送(これは見ていない)に続いて今回は第2回とのことなので、今後もこのまま続いてくれることを希望。

今日聞いた話の中で「東北弁や鳥取弁(だったか?)のように母音が曖昧になるのは、『言葉の進化形』である」 ってところにちょっと興味を引かれた。
口を開いてはっきり喋るよりも、口先だけで曖昧に喋る方が言語として「進化」しているらしい。
へえ~。私ははっきり喋る方が、喋ってても聞いてても気持ちいいと思うけどな~。
機会があったら調べてみよう。

それにしても、金田一先生(タモリにも突っ込まれてたけど)TVに出過ぎでは?(笑)
確かに穏やかで、いいキャラだけどね。

新明解国語辞典 第6版 並版
山田 忠雄

by G-Tools
新しい日本語の予習法
金田一 秀穂

by G-Tools

|

« 新カテゴリを追加 | トップページ | 謎の飛行物体? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

takoさん、こんばんは∈^0^∋
ぼくも見ていました。母音が曖昧になるといことが進化ならば、ドイツ語もまだ進化の途中で、フランス語、中国語が進化系?
 両方とも苦手な言葉です。外国人研修生受け入れ華やかなころ、受け入れ企業向けの中国語講座企画運営したら、お願いした先生に担当した人も是非とも一緒にといわれて、苦労しました。
 でも途中から逃げ出しました。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2005/04/04 00:09

私もみてましたよ~。
第1回もみましたが、かなり面白かったです。
今はあの「新明和国語辞典」が気になって。
買ってみようか、って迷ってます。
だってあの山田先生、絶対ヘンなんだもん。
他の用例も見てみたいですよねぇ~。

投稿: しろっこ | 2005/04/04 11:37

いやぁ~、ごめんなさい。
「新明和国語辞典」じゃなくて「新明解国語辞典」でしたね。
たこさんの文章をちゃんと読んでれば
気がついたのに、流し読みしてるもんだから(失礼!)間違えてました。
今アマゾンで検索しちゃいました。
うーむ、迷う!

投稿: しろっこ | 2005/04/04 18:39

■くまさん

私も例の部分を聞いてパッと思い浮かんだのは「フランス語」でした。
よくフランス語って「世界で一番セクシーな言語」なんて言われますけど…私は正直あのモヤモヤッとした感じが苦手です^^;
一方中国語は語感がキレイで好きです。
ずっと前に半年ほど習ったのですが…1から10までの数字と自分の名前くらいしか覚えてません(笑)

投稿: tako | 2005/04/04 21:22

■shirokkoさん

赤瀬川原平さんの「新解さんの謎」と言う本、知ってますか?
この「新明解国語辞典」の中にいる人を擬人化して、その人となりを紹介した本です。
(もちろん、中に書いてある「意味」や「用例」も厳選したものがたくさん載っています)
私はこの本で「新明解国語辞典」と言う楽しい辞典の存在を知りました。
辞書を買うのもいいけど、これもすごく面白い本なのでぜひ読んでみて下さい。
私は以前読んだことがあるのですが、また読みたくなって図書館で予約して来ちゃいました(^^)
詳しくは↓を参照して下さい♪
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167225026/ref=ase_untitledmessa-22/250-7324124-5133840

投稿: tako | 2005/04/04 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/3551248

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリのジャポニカロゴス」:

» ことばの「進化」?(ジャポニカロゴス) [ΤΑ ΜΕΤΑ ΤΑ ΦΩΝΗΤΙΚΑ]
こないだの日曜日に放送した「タモリのジャポニカロゴス」で、いわゆるズーズー弁が「進化」したかたちだとか言ってたけど、ことばに関して「進化」っていうのは一体なんなんだ? 英語のことを、ヨーロッパのなかでいちばん「進化」... [続きを読む]

受信: 2005/04/08 18:30

» 「一人称の多様性」日本語再発見 [Cosy Days]
去年、マンチェスターのInternational Societyで日本語をボランティアで教えていた。そのとき教えていたクラスの生徒から、日本語についての質問がメールで送られてきた。 “When you say I like "watashi, boku, ore....." and so, I heard there's also "washi" used by the elderly people and "watakushi" used by women... [続きを読む]

受信: 2005/04/29 02:47

« 新カテゴリを追加 | トップページ | 謎の飛行物体? »