« JR東日本 普通列車のグリーン車 | トップページ | 「空中ブランコ」ドラマ化 »

2005/05/22

カウンターの数字って気にしてますか?

よく「カウンターで○○番を踏んだ方には…」と言うメッセージを目にする。
所謂「キリ番」(参考:「はてなダイアリー: キリ番とは」)だと思われる。

私も一番最初にWebサイトを立ち上げた時には、「キリ番」をチェックしていたこともあった。
とにかく初めての経験だったので何でもやってみたかったのだ。
と言っても私のことなので「プレゼント」なんていう丁寧な企画ではなく、取りあえず「○番は××さんでした」 と言う報告のページを作ったというだけの話。
しかも、それさえも最初の何千番くらいのところで面倒になってしまい、いつの間にかフェイドアウトしてしまったのだ。
「面倒くさがり」の面目躍如、と言うエピソードである(笑)

それ以来、あまりカウンターの数字を気にすることがなくなった。

このブログにも一応カウンターは付いてはいるのだけれど、自分で実際に「今どのくらいかな~?」と確認することは…月1回くらい? もっと少ないかも。
さっき見たら現在のカウント数は46,000くらいだったけど、それが正しいかどうかもよく判らない。
じゃあ何故付けているのかというと「カウンターを確認する訪問者さんもいるかな?」と思えることと、あとはサイドバーの賑やかし、かな。
(なので気に入るデザインがあるまで探しまくる!(笑))

これの他に密かに(笑)アクセス解析も付けていて、こっちは一応毎日訪問数もチェックするけどそれも「多い」「少ない」 「全然ダメ~(>_<)」くらいなレベルを確認するだけで、件数の多い少ないに一喜一憂するパワーはない。
それよりも私はアクセス解析ではアクセス元のチェックと検索ワードのチェックが大好きで(笑)、 見知らぬアクセス元のアドレスは必ず行ってみないと気が済まないと言うタイプ。
どこから来たか、何を探しに来たか、をチェックすると今何が話題になっているかが判ったり、 すごく意外な組み合わせがあったりするので見ていて飽きない。
(アクセス元と言えば、時々mixiの掲示板からのアクセスがあるんですよね~。 こっちからは入れないので何が書いてあるのか判らないのですご~く気になる!…と、これはまた別の話)

で、こんな私にとって疑問なのは…。
「他の人のブログ(またはWebサイト)のカウンターってそんなに気になりますか?」ってこと。

自分のブログのキリ番(と言うかカウンター数)を気にするのはまだ判るんだけど、 自分が訪問したよそのブログのカウンターってみんなそんなに見るもの?
そしてその時にジャスト「キリ番」だったら、「キリ番でした~」って報告するもの?
私は自分がま~ったく興味がないので、逆にどのくらいそうした行動をしている人がいるのかちょっと知りたい気持ちになってしまった。

キリ番っていうのは誰かがよそのブログやWebサイトのカウンターを踏んだときに成立するものでしょう。
(たまには自分で踏む場合もあるでしょうが)
と言うことはそれだけ訪問する人が「よそのカウンター」を意識している(少なくとも設置しているブログのオーナーさんはそう思っている) ってことだよね。
でも(すごく失礼な物言いになってしまいそうだけど)よそのカウンターってそんなに気になるかな~?と言うのが素朴な疑問。
私の場合、例えば「このブログって訪問者どのくらいなのかな」って気になったときとか、入った途端にカウンターが目の前にバ~ン! と見えてくるところ以外はわざわざカウンターを探して数を確認するって習慣がないんだよね。
だから、毎日新着を入れると相当数のブログを訪問する(スイマセン、ほとんど流し読みですが^^;)けど、 カウンターチェックなんて10日に一回もしないと思う。
まあ、私の場合は「気にしなさ過ぎ」かも知れないが、一般的にはどんな感じなんだろう。
ちょっと気になる。

こんなズボラな私ですので、もしかしたら知らないうちに私がキリ番を踏んでいる…と言う事態も発生しているのかも知れません。
自分でも判っていないからどこでいつそうなる(なった)のかも判らないけれど、 もしかしてそんなブログさんがありましたら悪気はありませんでしたのでご容赦下さい。
(まあ、そんなに「間がいい(いや「悪い」のか)」方ではないので、可能性は低いと思うけど(笑))

※この内容はキリ番やカウンターを気にすることへの批判ではなくて、「私は気にしていないけど、一般的にはどうなのかな~?」 と言う単純な疑問を元に書いたエントリーです。

|

« JR東日本 普通列車のグリーン車 | トップページ | 「空中ブランコ」ドラマ化 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

書くってやはりエネルギーが要りますね、涼のようにかなりいい加減にアップしていてもです。ご無理をなさいませんように。
今現在ではちょうど

∥気に入るデザインがあるまで探しまくる!

ここでフト横を見たら、ありました。takoさんのカウンター。あ、ウサギさんだと思ったのですが、正直数字が小さくてよく見えません。
ということで、他所様のカウンターは気にしていませんね。
始めて訪れたところでは、目につくところにあれば「ああ、○○くらいアクセルのあったところだな」と一瞬思うものの、それだけです。キリ番だったという経験もなかったような気がしています。

自分のところでは、最初の1000くらいから2000・3000とは「どなたですか」とお訊ねしていたような気がするのと、あと1万・2万で聞いていたかなぁ。もう忘れました。
ただ、10万になったときはやはり一種の感慨のようなものがあって記事にしています。

それより、アクセス解析には興味があります。いつか書いていらっしゃったと思うのですが、どなたが何に関心を持ってくださったかというのはとても知りたいです。でも今はそういうツールを導入するゆとりが無いのが残念です。

何だか趣旨と違ったことを長々書いていたらゴメンナサイ。

投稿: | 2005/05/22 18:05

■涼さん

>あ、ウサギさんだと思ったのですが、正直数字が小さくてよく見えません。

ご、ごめんなさ~い^^;
ただの「飾り」のようなものですので、気にしないで下さい。

>ということで、他所様のカウンターは気にしていませんね。

涼さんのご意見、了解しました。
私と近い考えでちょっと安心(^^)
記事をアップしてすぐに反応していただいてとても嬉しかったです♪

>でも今はそういうツールを導入するゆとりが無いのが残念です。

アクセス解析はなかなか楽しいですよ。
お時間があったら挑戦してみてください。
何か私でお役に立てることがあったらいつでもご連絡下さいませ。

お気遣いも頂いてありがとうございました♪

投稿: tako | 2005/05/22 18:28

私も普段はよそ様のカウンタ見ませんね。
熱心に見るのは「キリ番企画やります!」って言われたときだけです(笑)

タイトルの直下など、意識せずとも目に入るところにカウンタがあって、
それがキリ番だったりすると報告することもありますが。

投稿: KOROPPY | 2005/05/23 12:39

■KOROPPYさん

>熱心に見るのは「キリ番企画やります!」って言われたときだけです(笑)

なるほど。
そう言われてみれば、こんな私でもそんなタイトルの新着記事に出くわすとついカウンターを探してしまったりしますね(笑)

コメントありがとうございました。
参考になりました(^^)

投稿: tako | 2005/05/24 07:13

おひさしでーす。
ボクは他人のブログのカウンターは気になりますよ!
なぜなら自分のブログのアクセス数が伸びないから
どんなブログにすればどんな文章を書けば
アクセス数が伸びるのかを日々研究しているからです。
でもここのカウンターは確かに気づきませんでした(^_^;)
キリ番は確かに達成感があってなんかうれしくなりますねぇ。
ところでカウンターをつけるのって簡単なんでしょうか?
いまだにこんなこと言ってすいませんo( _ _ )o

投稿: 8回生男 | 2005/05/25 06:26

■8回生男さん

こんにちは。こちらこそご無沙汰しています。

>アクセス数が伸びるのかを日々研究しているからです。

なるほど。
私の経験から行くとアクセス数はやっぱり話題性に影響されますね。
その時話題になっているもの(こと、現象など)を記事にすると、検索でのアクセスがかなりアップします。
ここの場合、一番顕著だったテーマは「ミュシャ展」と「春の雪映画化」でした。
全然興味がないことを無理に書くのはなんですが、自分の書きたいものと話題になっているものが関連付けられるならちょっと絡めて書いてみるのも手かも知れません。
ただ、そうやって来てくれた方に「もう一度来よう」と思わせるのはかなり難しいです^^;

>ところでカウンターをつけるのって簡単なんでしょうか?

カウンターの設置も先日のバナーと同じです。
カウンター用のタグを、リンクタイプのリストに貼り付けてテキスト表示させればOKですよ。
お試し下さい。
判らなかったら、またご質問下さいね。


投稿: tako | 2005/05/27 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/4234320

この記事へのトラックバック一覧です: カウンターの数字って気にしてますか?:

« JR東日本 普通列車のグリーン車 | トップページ | 「空中ブランコ」ドラマ化 »