« 伊坂幸太郎/ラッシュライフ | トップページ | 投稿ツール使用時の文字化け解消したらしい…が。 »

2005/05/08

「適当」

『ラッシュライフ』に一人の外国人女性が登場する。
彼女は若く美しい留学生で、勉強の一環として駅前の雑踏の中で「あなたの好きな日本語を教えて下さい」と書いたスケッチブックを掲げ、 道行く人に書いてもらっているのだ。
彼女は物語の中で名前も与えられてはいないが、全てのパートの主要な登場人物と会話し彼らの【好きな】 言葉を引き出すと言う象徴的な役割を担っている。

これを読みながら、「自分だったらなんて書くだろう」と考えていた人も多いのでは。
私もその一人。
で、出てきた言葉が「適当」。

「@nifty:辞書」 で調べてみると「適当」と言う言葉には2つの意味がある。

(名・形動)スル[文]ナリ

(1)ある状態・目的・要求などにぴったり合っていること。ふさわしいこと。また、そのさま。相当。
「―な例」「―な結婚相手を世話する」「君主政治なる者は殊に大国に―するの理を/民約論(徳)」

(2)その場を何とかつくろう程度であること。いい加減なこと。また、そのさま。
「―にはぐらかす」「―なことを言う」

一方で「ぴったりあっていること」と言い、もう一方で「いい加減であること」と言う相反する意味を同時に持つ「適当」。
この言葉は「面倒くさがりだけど徹底してズボラにもなりきれないし、だからって完璧主義なんてもっと無理!」と言うどっちつかずな私には( 「好き」と言うのはちょっと違うけど)丁度いい言葉のように思えるのだ。

「いい加減」になりすぎず、「ぴったりあうこと」にこだわりすぎない「適当」なバランスで生きていけたらいいなあ、と思う。

|

« 伊坂幸太郎/ラッシュライフ | トップページ | 投稿ツール使用時の文字化け解消したらしい…が。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、またまたお邪魔しております。涼は「いい加減」にしました。いい加減に考えた結果?です。
実はこの考え方で乗り切って行こうかなと思うことがあって、トラックバックをさせていただきました。

お手数をおかけしますが、先のコメントを消していただけると有り難いです(別にあっては困るということではないですので、絶対ということではありません
ややこしいことを書いてすみません m(_ _)m)

投稿: | 2005/05/09 14:28

■涼さん

コメント&TBありがとうございました。

「いい加減」もいいですね。
何ごとも極端に行き過ぎずに、少し余裕を持って進めたほうがいい結果が出るような気がします。
自分に余裕があれば、周りの人にも優しくなれますしね。

「適当」に「いい加減」に、柔らかい人になりたいです。

※コメントの件、了解しました。

投稿: tako | 2005/05/09 23:41

お手数をおかけしました。まったくいい加減な人間です。周りからはキッチリしていると見られていて、(作られた自分の像?に)少々押しつぶされそうになることがあります。

適当ないい加減さを見つけられるようになりたいものです。
有り難うございました。

投稿: | 2005/05/09 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/4043092

この記事へのトラックバック一覧です: 「適当」:

» いい加減に! [徹也]
『好きな日本語』ねぇ。ということで考えて『いい加減』がいいかなと思い至った。 [続きを読む]

受信: 2005/05/09 14:24

« 伊坂幸太郎/ラッシュライフ | トップページ | 投稿ツール使用時の文字化け解消したらしい…が。 »