« *second message*のトラックバック・ポリシー | トップページ | 雨の月曜日 »

2005/05/29

トラクバック・ポリシーを作ってみました。

「絵文録ことのは」さんの 『トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド』 の記事を受けて自ブログのポリシーを発表されている方が増えているので、その流れに乗って(?)私も作ってみました。
左サイドバーの一番上辺りに表示しておくので、気が向いたら見ていただければ幸いです。

長々とかいてありますが、基本的には以前から書いているように

  • 当方へのリンクの有無に関わらず関連記事へのトラックバックは大歓迎。
  • 送信の確認も不要です。
  • 但し、記事の内容によっては管理人判断で承諾なしに削除する場合も(まれに) あるのでご了承下さい。

ってことなので、あまり難しく考えずお気軽にトラックバックして下さい。
お待ちしてま~す(^^)

<関連記事>
「*second message*のトラックバックポリシー」(2005/05/29)
「トラックバックについての覚え書き」(2005/03/05)
「トラックバックについて」(2004/08/29)

|

« *second message*のトラックバック・ポリシー | トップページ | 雨の月曜日 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

takoさん こっちでは初めてです。[♪]トラックバックに関する記事を3つとも読ませていただきました。こういう文章を掲載してるblogもいくつか見かけるし、TB削除の際のトラブルを未然に防ぐ為にも 開始間もないウチのblogにも必要かな?と考えていたので興味深く読ませていただきました。
ほぼtakoさんと同じ考えなんですが、”トラックバックに相手記事へのリンクを入れるかどうか”は僕の最初の考えとtakoさんの考えは違って(入れないと失礼だよなって思ってました)いたんですね。でも読んでよく考えたら、相手がスパムだった場合(初めて一月足らずのウチにもスパムがすでに何通か来たし[涙])takoさんの言われる通り、スパムTBに自分のblogへのリンクがなけりゃ、こっちで消せばこっちの意思で関係を消せるし&そのサイトに自分のblogへのリンクが残ってて”消してくんねぇかなぁ~”って悩むことも無いんですよね。
目からウロコでした!
それに、相手の記事に言及した記事であれば、その上更にリンクを強制するのも なんだかなぁ~ですね。僕も昔から強制されると、それが正しくても反発する性質だったし・・・[汗]そして、TBに相手サイトへのリンクが必須となってるんだったら、TBの仕様がそうなっていて、いやが応にも相手へのリンクが付くって事になるはずだと思いますからね。
色々考えささていただいて感謝です。近いうちにウチにもトラックバックポリシーを投稿したいと思います。その際にはこの記事にTBさせてもらってもいいですか?
あ、それからここのようにサイドバーに書いたトラックバック・ポリシーを表示するにはいつものマイリスト(メモ)で記事の固定リンクを書けばいいんですよね?

投稿: hibiki | 2006/06/04 16:57

■hibikiさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

TBについての考え方はまだいろんな意見があって固まっていないようですね。
(今後も一本化されるかどうかは判りませんが…)

私もこの記事を書いた頃はまだブログを始めて数ヶ月で「少し判ってきたかな~」程度の時期だったので、他のブログさんでしきりに「TBについて」書いてある文章をよんで「私も何か書かなくちゃ」という気になってしまったのだと思います(笑)
基本的には現在もこのときの考えと変わってはいないのですが、今となっては特に声高に「私はこう思ってるんだ!」と記事にする必要もないかなあ…と思っています。

まあ、スパムTBに自分のURLが入っているということはまず考えられないので問題ないのですが(笑)、ときどき検索サイトみたいなところから来る「うちのURLとキーワードは入ってるけど、別に言及されてるわけではない」ってのが一番困るんですよね~^^;消していいのか悪いのか。
その点、「言及はされてるけど、リンクがない」だったら、内容が気に入らなければ削除すればいいし、気に入ればこちらからリンクし直せばいいだけですので簡単かな~という感じです。
私の場合、幸い(?)TB返しが面倒になるほどTBを貰うわけでもないし、そのほうが「自分が」管理しやすいからって理由ですが。
この辺りは個々人によって考え方が変わる部分なんでしょうね。

一般的には(エントリーのどれかで書きましたが)「リンクしてからTBする」というのが大勢意見のようですので、こちらから飛ばす場合はそうしてますが(いちいち「リンクがない」なんて文句言われるほうが面倒くさい)、別にそれが必須だとは考えないって感じですね。

この「TBへのリンク」については「TBポリシー」の雛形(?)作ってくださった『絵文録 ことのは』さんの
「トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか」
http://kotonoha.main.jp/2006/01/06trackback.html
の記事が面白いので、ご一読をオススメします。

他にもいろんな人がいろんな意見記事を書いていますので、たくさん読んでみて自分の考えを決めていってもいいと思います。

ちなみに
>TBに相手サイトへのリンクが必須となってるんだったら、TBの仕様がそうなっていて、いやが応にも相手へのリンクが付く

というのは、私も以前はそう思っていたのですが、もともと「ブログのTBの定義(?)」は『相手に言及したよ、と通知するための機能』なんだそうです。
つまり「言及してある(=リンクしてある)」が前提としてあるわけですね。
だから、TBの機能自体には自分の記事にリンクする機能は(基本的に)付いてないのだと思います。

で、サイドバーへの表示については、hibikiさんが書いている通り、エントリーの固定リンクをマイリストでリンクを書いて表示すればOKです。
でも、この「TBポリシー」ってのはあくまで『自分が削除するときの指針』であって、送ってくる相手が必ず読むとは考えないほうがいいと思います(笑)

投稿: tako | 2006/06/04 18:04

う~みゅ(^-^;A
コメント投稿前に間違って”戻る”ボタン押しちゃってかなり書いたコメントが消えちゃいました( iдi ) ハウー

トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか」
読みました。凄く参考になりました。早速ブックマークしてゆっくり色々読んでみます。

”いちいち「リンクがない」なんて文句言われるほうが面倒くさい”
確かにおっしゃる通りですね。僕もそう思うからこっちから送る場合にはリンクしています。ってまだTBはあまり送った事がないんですが。

”まあ、スパムTBに自分のURLが入っているということはまず考えられないので問題ないのですが”
(; ̄O ̄)・・・・そ、そのと~り・・・間違えちゃいました~

確かにtakoさんの言われる通り 声高に言う必要はないかも?とも思うのですが、匿名性の高いNet社会ですから”なんで ワシのTB消したんじゃい!!(▼へ▼メ) オラオラ”って言う人もいないとは限らず まぁ防衛線の一つとして”TB削除基準”を掲載しとこうと思います。相手が読むことは期待しませんが、削除に文句出た時に”書いてるでしょ~読んでへんそっちが悪いんじゃなぁ~い?”って言えるし(・・・って、こう言う方が喧嘩売ってるみたい)
takoさんのトラックバック・ポリシーを下敷きに、言葉や言い回しを多少変えて作ろうと思いますが、見て不快に感じられましたら連絡くださいね。
それと、さっきのメールの返事もここで(^-^;A
ココログ自体のシステムだったんですね。了解です。確かにスパム対策には効くと思いますが、めんどくさいからコメントやめ!って人も多いかもしれませんね。
出現頻度は・・・さっき間違えて”戻る”ボタンを押す前に投稿しようとしたら出現しました。2回目でも出現しますねぇ~

投稿: hibiki | 2006/06/04 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/4323998

この記事へのトラックバック一覧です: トラクバック・ポリシーを作ってみました。:

» トラックバックの難しさ [天竺堂通信]
 「天竺堂通信」の投稿は100件を超えたけれど、相変わらずトラックバックには慣れない。  ブログ開設当初に“リンクの押し売り”のように感じてしまい、そのネガティブな印象が抜けない。自分でもトラックバックをするようになり、“リンクのセールス”程度に考えを改め... [続きを読む]

受信: 2005/06/01 06:16

« *second message*のトラックバック・ポリシー | トップページ | 雨の月曜日 »