« 「MSアクセス」勉強中 | トップページ | 岡野宏文・豊﨑由美/百年の誤読 »

2005/08/11

会社のPCが突然!

会社では1台のディスプレイに3台のプロセッサーを繋いで切り替えて使用しているんだけど、本日そのうちの「No2」 が急に動かなくなってしまいビックリした。

朝出社して起動したときは特に問題なくていつものようにメールチェックとかWebサイトの閲覧とか出来たのに、ちょっと (30分くらい?)他のPCで仕事した後、またNo2に戻ったら…いつまで経っても画面が真っ暗なまま…。
や~な予感を抱えつつ電源を切って再起動しても電源が入っていつもより大きな音でファンが回ってる音が聞こえるものの、 画面には全く何も表示されない。
これは私にはどうしようもないな~、と諦めてシステム部の担当者に「壊れちゃったので見に来て下さ~い」と連絡。
30分くらいしてやって来た担当者に見てもらったら「ちょっとこの場では直せないので持っていきますね」と言われて、 敢えなく入院することに…。
No2は直接業務に関係あるシステムは入ってないので業務には支障がないんだけど、 メインのメーラーが入っているので長引くとちょっと困るなあ… と思いつつ他のPCを使って仕事をしていたら午後2時くらいには退院してきてくれた。
良かった~。

しかも、ハードディスクは交換したけど幸いデータは特に問題なしだったとのことで一安心。
最悪データが飛んでても仕方ないかと諦めていた(こういうところの諦めは凄く早い(笑))のでラッキーだった。

メインの業務システム用に使っているNo1はもう6年目のご老体だし(そう言えばPCを「人間に換算したら」 どのくらいになるんだろう…1年で10年とか15年とかになりそうな気がする(笑))毎日すごい量のデータ処理をさせているので、まさに 「いつ壊れてもおかしくない」状態。
実際、周りでも次々と壊れて新しいマシンと取り替えられて行っている。
でも、 今回調子が悪くなったNo2は購入してまだ3年目くらいだしそんなにハードな使い方しているわけではないのでまだまだ大丈夫だろうと思っていたら、 急に何の前触れもなくおかしくなったのでホントに驚いたし、やっぱり(あるはずの)PCがないと不便だと思った。

とはいえ。
今となっては仕組み的にも物理的にもパソコンなしで仕事するなんて殆ど考えられないような状況だけど、 それはこっちの勝手な都合であってパソコンの方は「そんなに期待されても…」って部分あると思う。
もともと不安定な道具なんだから任せっきりにせずギャップを埋める手段を考えておかないと、痛い目に遭う日が来るんだろうな。
でも痛い目に遭わないと痛いことを思い出さないってのもまた真理ではあるんだけどね(笑)

|

« 「MSアクセス」勉強中 | トップページ | 岡野宏文・豊﨑由美/百年の誤読 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

PC戻ってきてよかったですね。
何でもそうですけど駆動系って弱いですから、電源やHDDは壊れやすいところですよ。
最近はローカル検索が流行ってきていますから、古いHDDは特に要注意です。

パソコンの寿命といえば最近は聞かなくなりましたが、この業界はドッグイヤーと言われています。
だけどパソコンの場合、いつを最盛期にするかが問題ですね(笑)
#たぶん、買ったときが一番早いと思います。
あとはムーアの法則とかも有名ですが、寿命を教えてくれるものではないですね。
要は何をやらせるか(やりたいのか)で寿命って決まると思うのですが実はそれが一番明確でないのが問題だと私は思うのです。

投稿: みつ | 2005/08/12 10:25

■みつさん
こんにちは。

「パソコンの寿命」については何気なく思いついたので書いてみたのですが、ちゃんと考え方があるんですね。
「ドッグイヤー」というのは、そう言えば聞き覚えがありますが、こういう時に使う言葉だったとは知りませんでした。
「ムーアの法則」は初耳。
いろいろな考え方があるんですね。
勉強になりました。
ありがとうございます(^^)

投稿: tako | 2005/08/14 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/5415837

この記事へのトラックバック一覧です: 会社のPCが突然!:

« 「MSアクセス」勉強中 | トップページ | 岡野宏文・豊﨑由美/百年の誤読 »