« ワン切り | トップページ | TV:昨日の「エンタの神様」 »

2005/10/29

9時まで残業

昨日は請求処理日だったんだけど、 今月から請求方法が変わった上に時間がなかったので事前にシュミレーションもせずに出たとこ勝負で行ったら案の定なかなかうまく行かなくて久々に夜9時まで残業してしまった。

必要な資料を出すにはどうしたらいいかがなかなか判らないし(しかもレスポンスが悪い!)、 今までやっていた処理と微妙に違っている部分の処理方法を実際に処理しながらすり合わせていたので時間が掛かる掛かる。
何より今は自分の支店だけでなく、全社分の集計が終了しないと手を付けられなくなってしまったのがイタイ。
うちは午前中には集計が終わっていたのに、某支店が時間をかけてくれたおかげでようやく始められたのは殆ど終業の時間だったのだ。
それから始めて9時終了だったらむしろ早い方だったかも(笑)
まあ、こうなるであろうことはある程度予想していたし、何より昨日は金曜日で「今日終わらせれば明日は休みだ」 と思いながらやれたので精神的にはかなり楽だったかな。

私の場合、(請求担当者としてはあるまじきことかも知れないけど)「全部を完璧にやるのは無理」と始めから開き直っている部分がある。
もちろん「だからいい加減にやっている」ということではなく、 日常のデータ管理には出来る限り目を配って正しい金額が請求データとして載るようにしてるし、 バカよけのチェックも月に何度もかけてエラー修正したりとそれなりの努力はしている。
でも、それをやった結果、請求書を発行する段になって集計されてしまったデータが「正しいかどうか」なんて考えても仕方ないでしょ、 という話。
だって、その時点ではもうそれ以上どうしようもないわけだから。
そんなタイミングで金額の検証しているよりも「取りあえず請求書を発行が優先!」「ミスがあったら後で直すからいいよ!」 って勢いで作らないと間に合わないのだ。
(それに最近の契約は恐ろしく複雑なロジックで計算されているため、 何が正しくて何が間違っているかなんて担当者レベルで判るような話ではない、という事情もある)
実際、今までも金額のミスやモレなんてのは何度もあるけど、恒常的なミスでない限りそれで大問題になったことはない。
(もちろん後で修正や追加処理はするけど)
と言っても、うちの会社は取引の90%以上が関連会社だからそういう融通が利いてる部分はあるんだろうな。
ありがたいことだ。

でも、それにしても手作業が多すぎる。
システムを2つも3つも繋いで全てデータが入っているのに、 何だってそこからまたわざわざ個別に金額を取り出して手集計で請求金額を出さなくちゃならないのだ(泣)
しかもどんどん処理方法が細かく、複雑になっていくし。
こんなんだから余計にミスやモレが多くなっていくのよね~。
いい加減自動化して欲しいよ…。

|

« ワン切り | トップページ | TV:昨日の「エンタの神様」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/6716171

この記事へのトラックバック一覧です: 9時まで残業:

« ワン切り | トップページ | TV:昨日の「エンタの神様」 »