« 冬木亮子/飛天闘神譚 | トップページ | 風邪が流行り出しました »

2005/10/05

北村薫/ニッポン硬貨の謎

ニッポン硬貨の謎
北村 薫
北村薫/ニッポン硬貨の謎エラリー・クイーンの未発表作の原稿を北村氏が翻訳した…という体裁の作品。
所謂「パスティーシュ」ものですね。
しかもその原稿が単なる未発表作品ではなくクイーンが来日した時に遭遇した事件を書いた作品、 という設定だったりするあたりがさすが北村薫って感じでした。

詳しい人が読んだらあちこちで「おお♪」と楽しくなってしまうような仕掛けがいろいろとしてあったのだろうと思われますが、 私は残念ながらそのあたりは全く判らないので単純に「設定の面白さ」とか「翻訳作品らしさを出すための繊細な工夫」とか 「それに姿を借りた細かい笑いの種」とかを楽しんで読みました。
特にあの不気味な俳句の扱い方はかなり面白かった!(笑)
読んでいると身体がムズムズして来て「元はどんな句なんだ~!」と思わず調べたくなってしまうような居心地の悪さが絶妙でした。
更には東京創元社の翻訳物に付いているのと殆ど同じ体裁の英語表記のクレジットや、 章ごとに細かく付けられた注釈も手が込んでいて楽しかったです。

物語部分も翻訳物(のような文章)でありながらスムーズに展開を追うことが出来てとても判りやすく書かれていました。
ただ、事件そのものや謎解き、動機については私としてはあまり好きなタイプではなかったです。
この作品は「50円玉20枚の謎」の解決編の一つでもあって、そのクイーンの関わる事件が解決すると「50円玉~」 の方も答えが出るようになっています。
確かに「あの話からここまで物語が広がるのか」とその発想力、構成力に感動はするんですけどね… そのためにあの事件が起こったのかと考えると何となくちょっと違和感がありました。
(もちろん「出来不出来」を云々するなんていうおこがましいことではなくて、単に「人が殺されるのは好きじゃない」ってことです。 特に子どもは…。だったらミステリーなんか読まなきゃいいんですが…)
でもそれは私の個人的な嗜好の問題なのでどうでもいいのですが、ストーリー的に納得できなかったのは犯人逮捕に至る山場の場面。
何故
あんなにも法則性を重視していた犯人がその法則をすっ飛ばして急に熊野まで来てしまうのかが今ひとつよく判らなかったし、 また何よりあんな風に自分が狙っていた相手から直接誘いをかけられてノコノコ出ていってしまう
犯人の行動が理解不能でした。
(ごめんなさい、上の部分はモロにネタバレなので文字色を変えてあります。「判っちゃってもいいや」という方だけどうぞ。 反転させてお読み下さい)
この辺の感覚がよく判らないので、それまでに比べてあまりにも急な展開についていけずちょっと放り出されてしまったような感覚を持ちました。
その後クイーンが説明する動機の部分も難しくて、判ったような、判らないような…でしたし。

ということで(私には)推理小説としてはちょっとよく判らなかったというのが正直なところなのですが、 パステーシュ作品としては非常に細かいところまで工夫されているし、何より著者が「楽しんで作ってる」 という雰囲気が随所に見受けられる楽しい本でした。

|

« 冬木亮子/飛天闘神譚 | トップページ | 風邪が流行り出しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

芸が細かくて、とても楽しそうな本ですね。
『50円玉20枚の謎』も好きなので、解決にも興味津々。
ぜひ探して読んでみたいです。

投稿: KOROPPY | 2005/10/05 09:57

■KOROPPYさん
こんばんは、コメントありがとうございます♪

こういう作品は元ネタを知っていると何倍も楽しめるんですよね。
私もちゃんとEQ作品を読んでおけば…と思いながら読んでいました。
いつか該当作品を読んだら再チャレンジしてみたいと思います。
(と言っても、そんな生半可な知識ではとても考えつかないようなことが書いてあったような気もしますが…^^;)

KOROPPYさんの感想、楽しみにしています(^^)

投稿: tako | 2005/10/05 23:23

早速入手して読みました!

takoさんが伏字で仰っているように、
謎解きとしては今ひとつでしたね。
それよりも北村薫が訳注や奈々子を通して語る、
クイーン論が面白かったです。
といっても、こんな高度な内容、
完全には理解できていないと思いますが^^;

投稿: KOROPPY | 2005/10/14 15:33

■KORROPYさん
こんばんは。コメント&TBありがとうございました♪

>謎解きとしては今ひとつでしたね。

ですよね~。
何だかあまりにも雑な感じがしてしまいます…と書いていてふと思いついたのですが、あの犯人の行動パターンもまたEQの手法(?)だったりするのかも…?

北村氏の物語に対する読み込みの深さ、鋭さは相変わらずですね。
ここまで読み込んで貰えたら物語も作家も幸せでしょうねえ。

投稿: tako | 2005/10/15 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/6255581

この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫/ニッポン硬貨の謎:

» 『ニッポン硬貨の謎-エラリー・クイーン最後の事件-』 北村薫 [KOROPPYの本棚]
『The Door Between』ではなく、正真正銘の国名シリーズ"ニッポン"の遺稿が発見された。 経緯の説明と共に、北村薫が翻訳する、という体裁のパスティーシュ。 しかも『五十円玉二十枚の謎』の解決編にもなっています。 表紙や注の体裁、冒頭の引用句、翻訳独特の自然でない日本語の文体、誤った日本観。 細かいところまで配慮された仕上がりには、いかにもなリアリティがあります。 面白かったのは、訳注=北村薫のコメント部分と、小町奈々子を通して語られるクイーン論です。前半の注では、『王家の血統-評伝エラリ... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 15:30

« 冬木亮子/飛天闘神譚 | トップページ | 風邪が流行り出しました »