« 高里椎奈/銀の檻を溶かして | トップページ | 「古田敦也公式ブログ」書籍化 »

2005/10/19

マンガの盗用問題で思い出したコト

今朝のニュースで一斉に取り上げられた漫画の盗用問題
この件については作品も作者も全く知らないので特に言うべき言葉は持っていないんだけど、 この話を聞いて思い出したことがあったのでその話を。

ずうっと以前、雑誌に載っていたマンガ作品が盗用だということに気が付いたことがある。

もう随分昔(十何年前?)の話なので、どこの出版社のなんていう作品で作者が誰だったかといった詳細な情報は既に忘れているんだけど… 。
確か、少女誌の増刊号かなにかに載っていた読み切りで、私はあまり読んだことのないマンガ家さん(もしかしたら新人さんだったのかも?) の作品だった。
その作品のストーリーが、その数日前に読んだ某作家の推理小説そのままの物語だったのだ。

タイトルは全く違ったので自分の勘違いかと思って、 まだ手元にあったその小説をザッと読み返してみたんだけどやはり殆どの部分が同じような流れ。
「もしかしたら原作として使ったのかな」と思い、クレジットを探したけどそれもなかった。
その頃はまだ「著作権」なんて言葉もろくに意識していないような頃だったけど、 原作があるものを何も表記しないで作品を発表することを大手の出版社がしたりはしないってことくらいは判っていた。
そして「もし作者が意図してやったことで、それを出版社が知らないまま掲載しているとしたらマズイことだ」ということも判った。

で、ちょっと考えたあと、私はその出版社あてに「あの作品のストーリーは『○○』という推理小説に酷似しているように思われます。 クレジットはありませんが原作として使われているのでしょうか。」という手紙を出してみた。
(自分の勘違いだったときのことを考えてあまり強気な文章は書かなかったような気がする。昔から姑息な性格だったので(笑))

その後しばらくしてその出版社から私の指摘へのお礼とお詫びの手紙を受け取った。
やはり作者によるストーリーの盗用だったのだ。

その手紙によると指摘したのは私だけではなかったらしい。
そりゃあその小説は結構人気のある作家さんの作品でそれを読んですぐに「あれ?」と思うくらいにそのままマンガ化していたんだから、 小説を読んだことがある人だったら大抵は気が付いたんじゃないかと思う。

その手紙を受け取った自分がそれをどう感じたかを既に私は覚えていない。
自分の疑問(この作品のストーリーはあの小説を元にしているのではないか) への回答が得られたことについて満足したであろうことは想像できるけど、それ以上何かを感じただろうか。
その人の気持ちに思いを致すようなことは、全く知らないマンガ家さんだったこともあって特になかったように思う。
その人がその後どうなったか(マンガ家を続けたのか、そのまま辞めたのか、など)も全く知らない。
ただ、「せっかく絵は巧いマンガ家さんなのに、なんでこんなことしちゃったかな~」とちょっと残念に思ったのは朧気に覚えている。

今回のマンガ家さんは該当作品だけでなく全単行本の絶版・回収、連載打ち切りという厳しい処分になるらしい。

こういうことって絶対バレるし、 発覚してしまったときの代償はかなり大きいと思われるのに何故その誘惑を振り切ることが出来ないんだろう。
「魔が差す」ってことなのかなあ。

ところで、この問題って「2ch」で問題提起されてそれが広がった結果なのね。
会社で詳細をチェックしようと思ったら、開いてるのはニュースサイトなのにその中に書いてある「2ちゃんねる」 という言葉にブラウザのフィルターが反応しちゃって、全くその先に進めなかった…(泣)

|

« 高里椎奈/銀の檻を溶かして | トップページ | 「古田敦也公式ブログ」書籍化 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/6479001

この記事へのトラックバック一覧です: マンガの盗用問題で思い出したコト:

« 高里椎奈/銀の檻を溶かして | トップページ | 「古田敦也公式ブログ」書籍化 »