« JavaScriptってすごい! | トップページ | 覚え書き:ジュンク堂トークセッション 萩尾望都×津原泰水 »

2005/11/04

富樫倫太郎/妖説 源氏物語〈壱〉

妖説 源氏物語〈1〉
富樫 倫太郎
富樫倫太郎/妖説 源氏物語〈壱〉

出版社 / 著者からの内容紹介
鬼才・富樫倫太郎が描く妖しい「源氏物語」の世界。光源氏の子・薫中将と、同じく源氏の孫・匂宮を、次々と奇怪な魑魅魍魎が襲う! 華麗なる平安伝奇物語。

主な登場人物は光源氏の息子の薫の中将と孫の匂宮なので「源氏物語」というよりも「宇治十帖」を元にした物語。
薫は自分の出生の秘密を疑っているので気鬱な部分があるけど、真面目で親切な人柄が誰からも好かれる好青年、片や匂宮は三の宮でありながら 「次の世継ぎになるのでは」とささやかれるほど父帝に愛されてはいるけれど、賭けや色事にうつつを抜かして遊び歩いている放蕩息子。
年の近い叔父、甥である二人が連んで歩く(と言うか、匂宮に薫が引っ張り回されている、が正しいかも(笑))先々で巻き込まれる、 鬼や怨霊がらみの事件を二人の友人である少年陰陽師・白鴎と風変わりな彼の祖父・益荒男(ますらお)が解決する、という設定。

タイトルや裏表紙に書いてあったあらすじから想像するにもっとドロドロした重い内容かと思いながら読み始めたら、 思いの外軽くて明るくてサッパリした内容だったのでちょっと肩すかしを食った気分。
つまらないわけではないんだけど、ちょっと物足りなかったかな。

でも、文章はテンポがあって判りやすくて読みやすいし、 薫と匂宮の2人も今その辺にいる若い男の子みたいなノリで喋ってるのが新鮮だった。
(いきなり匂宮のあくびで始まる「源氏」って他にないでしょ?(笑))
最初の想像とは違ったけど、これはこういう物語なんだと思って読めば面白い。

今後薫の自分探しや初めての恋、匂宮との駆け引きなど従来の「宇治十帖」を追ったストーリーが展開されていくと思うので、 魑魅魍魎退治とからめてどう転がっていくのか展開に期待したい。

|

« JavaScriptってすごい! | トップページ | 覚え書き:ジュンク堂トークセッション 萩尾望都×津原泰水 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/6898555

この記事へのトラックバック一覧です: 富樫倫太郎/妖説 源氏物語〈壱〉:

« JavaScriptってすごい! | トップページ | 覚え書き:ジュンク堂トークセッション 萩尾望都×津原泰水 »