« 福井栄一/鬼・雷神・陰陽師 古典芸能でよみとく闇の世界 | トップページ | ウェブに情報を発信するということ »

2005/11/06

『白夜行』ドラマ化

白夜行
東野 圭吾
東野圭吾/白夜行東野圭吾氏の小説『白夜行』が来年1月に連続ドラマ化されるらしい。

「白夜行」 セカチューコンビでドラマ化

「セカチューコンビ」って言うから、映画版(森山未來&長澤まさみ)かと思ったらTV版(山田孝之&綾瀬はるか)だった。
私のイメージでは映画版の2人のほうがあってるような気がするけど…。
でも、あの原作ではどちらにしても決して明るいドラマにはならないよね。
これを新年のドラマに持ってくるあたり、さすが「ドラマのTBS」と言うべきか。

本を読み切るのさえも辛かった私は、多分観ないと思うけど(笑)

幻 夜
東野 圭吾
東野圭吾/幻

夜ちなみに続編である(らしい)『幻夜』はまだ読んでません。



<関連サイト>
森山未來オフィシャルファンクラブ
-Peace-長澤まさみ OFFICIAL WEB SITE
TAKAYUKI YAMADA OFFICIAL
綾瀬はるか (ホリプロによるタレントプロフィールページ)
TBS

|

« 福井栄一/鬼・雷神・陰陽師 古典芸能でよみとく闇の世界 | トップページ | ウェブに情報を発信するということ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はい???映画版のあの二人なんて尚更(((アリエナイ)))(笑)
イメージもともかく、第一、演技の方が心配ですもの。
ドラマ版のあの二人なら期待できそうです。楽しみです。

投稿: 通りすがりです | 2005/11/06 16:39

■通りすがりさん
コメントありがとうございます。

そうなんですか、映画版の2人は演技力が…なんですか。
スイマセン、実は「世界の中心で~」は映画版もTV版も観てないもので…(汗)
あくまでも「外見的なイメージ」ということで書きましたので、お気に障りましたらご容赦下さい。
いいドラマになるといいですね。

投稿: tako | 2005/11/06 16:47

山田孝之では明るすぎるような...。
もっと陰のあるイメージなんですよね。

私も作品を読んでぐったりした派なので、
テレビは見ない気がします。
気力を回復するまで、『幻夜』を読めませんでしたもんw

投稿: KOROPPY | 2005/11/06 17:24

映画もだけど、ドラマの二人も結構今更感あるかも。この二人でこのドラマはかなり暗そうだね。年始めからは見ないかな、私は。

投稿: さき | 2005/11/06 17:48

■KOROPPYさん
コメントありがとうございます。

>山田孝之では明るすぎるような...。

そうそう。
私も「ウォーターボーイズ」辺りのイメージしかないので、そう思ってしまったのです。

『幻夜』、私は文庫になったら読もうと思います。
(まだまだ先ですね^^;)

投稿: tako | 2005/11/06 17:51

■さきさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

暗くなるのは必須ですよねえ…。
しかもかなりキッチリ描かないと作品自体が成り立たなくなりそうですし。
想像しただけで重そうです。

見るつもりはありませんが、視聴率と評価は気になります。

投稿: tako | 2005/11/06 17:56

どうもはじめまして~!おんといいます。
TBさせてもらいました。

投稿: おん | 2006/01/07 06:06

■おんさん
こんにちは。コメントとTBありがとうございました。

「白夜行」いよいよ始まるんですね。
やっぱり私は見る予定はないのですが、けっこう力作揃いの1月からの新ドラマの中で、どう評価されるかが気になります。

投稿: tako | 2006/01/07 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/6926179

この記事へのトラックバック一覧です: 『白夜行』ドラマ化:

» 白夜行 [3流DJの音楽、本、映画のススメ]
1月からドラマになるんで、タイムリーかなぁって感じなんで紹介させてもらいます。読んだのは結構前なんですが。あれ?東野圭吾さんの本はこれで2冊目ですね。 1973年に起こったある事件から物語がスタートします。そのときに関係した子供2人が主人公でストーリーは進むんで..... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 06:20

« 福井栄一/鬼・雷神・陰陽師 古典芸能でよみとく闇の世界 | トップページ | ウェブに情報を発信するということ »