« TV:「古畑任三郎ファイナル 第1夜~第3夜」 | トップページ | 北森鴻/写楽・考-連丈那智フィールドファイル〈3〉 »

2006/01/09

近藤史恵/二人道成寺

二人道成寺
近藤 史恵
近藤史恵/二人道成寺

内容(「MARC」データベースより)
不審な火事が原因で意識不明となった歌舞伎役者の妻・美咲。その背後には二人の俳優の確執と、秘められた愛憎劇が。「摂州合邦辻」 に託された、ある思いとは? 梨園の名探偵・今泉文吾シリーズ。

シリーズ第4弾。
この間読んだ 『桜姫』のときも思ったけど、謎解きよりも心理描写がメインの印象。
それでも『桜姫』よりは、ミステリーの部分が多かったし今泉も活躍していたかな(笑)

この物語も、読んでいる間も読後感も決して「心地いい」物語ではなかった。
物語全体を何かがずれてる感覚、落ち着かない感じ、ザラザラとした手触りが覆っている作品で、終わり方も「大団円」とはほど遠い。
(ちょっと希望はあったけど)
でも不思議なのは、だからと言って読んでいて不快なわけではない、ということ。
読んでいる側が感じるその落ち着かなさ、違和感こそが、この物語の魅力であるのだ。
近藤さんはこうした「何かが少しだけずれている感覚」を描くのがとても巧い作家だと思う。

このシリーズの中で一番好きなキャラクターは小菊の師匠・瀬川菊花。
名門のベテラン役者としての威厳と優しさを併せ持つ人物でこのシリーズに「落ち着き」を与えてくれているのはいつものことだけど、 特にこの作品の中での周囲を気遣うセリフや視線はとても柔らかく暖かく印象的だった。
同様に今泉の若い助手・山本くんもいい。
一見無邪気なように見えてその実きちんと自分の立場・役割をわかった上でそう振る舞っている賢さ、臨機応変の対応が清々しい。
ザラついた物語の中でこの2人の登場シーンは「ホッ」と出来る数少ないポイントだった。
こういう気持ちを切り替えるためのキャラクターを巧く配して物語の流れにテンポを作っているところが、 全体的に暗くなりがちな物語をイヤだと思わずにスルスル読まされてしまう「ワザ」なのかも。

で、結局<美咲>と<芙蓉>と<国蔵>の関係って全て片想いってことだよね?
(と、誰にともなく確認してみる^^;)


<このシリーズの他作品の感想もよろしかったらどうぞ>
『ねむりねずみ』
『散りしかたみに』
『桜姫』
※上の2作品は別ブログ(fc2)に飛びます。


<関連サイト>
むくいぬ屋仮宅(著者ご本人のブログ)

|

« TV:「古畑任三郎ファイナル 第1夜~第3夜」 | トップページ | 北森鴻/写楽・考-連丈那智フィールドファイル〈3〉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/8072216

この記事へのトラックバック一覧です: 近藤史恵/二人道成寺:

« TV:「古畑任三郎ファイナル 第1夜~第3夜」 | トップページ | 北森鴻/写楽・考-連丈那智フィールドファイル〈3〉 »