« 本のメモ(0111) | トップページ | 携帯の機種変更 »

2006/01/11

小林恭二/本朝聊斎志異(ほんちょうりょうさいしい)

本朝聊斎志異
小林 恭二
4087746763

出版社/著者からの内容紹介
古典から現代まで、さまざまな「愛のかたち」を紡いだ大人の恋愛オモチャ箱。純愛、不倫愛、同性愛、幻想との愛、幽鬼との愛など、54話の伝奇ロマン。喜劇、悲劇の大博覧会!

テーマは「愛」だったのか。
なるほどそう言われてみれば…。

「聊斎志異」という中国の伝奇小説を原典とした伝奇小説(短篇)が54話も入った本だったんだけど、なんだかビミョーな読後感…。
終わり方が「だから何?」って感じだったり(つまり「オチ」がない)、この話から何を読みとればいいのか判らない話があまりにも多くて読み終わったあと頭の上にクエチョンマークがいくつも出ていることが多かった。
しかも分厚くて持ち歩くことが出来ず、寝る前に少しずつ読んでいたので読了するまでに約1ヶ月もかかったので最初のほうはもう既に忘れてしまっているし(汗)
なんともつかみどころのない物語たちだった。
狐が化けている話とか、幽霊話とか雰囲気としては嫌いではないんだけどね~。

今度は原典のほうを読んでみよう。
(それにしてもAmazonでの酷評はすごいなあ^^;)

聊斎志異〈上〉
蒲 松齢 立間 祥介
4003204018
聊斎志異〈下〉
蒲 松齢 立間 祥介
4003204026

|

« 本のメモ(0111) | トップページ | 携帯の機種変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/8116366

この記事へのトラックバック一覧です: 小林恭二/本朝聊斎志異(ほんちょうりょうさいしい):

« 本のメモ(0111) | トップページ | 携帯の機種変更 »