« 年末年始はTV三昧<その1> | トップページ | ドラマ:「新選組!!土方歳三最期の一日」 »

2006/01/07

年末年始はTV三昧<その2>

<その1>は こちら

<1月1日>

大笑点(日本テレビ)

TOKIOと笑点のメンバーが集まっての14時間生放送。
もちろん、ずっと見てたわけではないけど。
まあ、お正月早々の長時間の生放送のわりにはけっこう企画も満載で面白かったのではないかと。
でもなんでこういうときは必ず「マラソン」なの?
そうそう。
長瀬くんが生放送で落語(「初天神」)をやってくれたのを見られたのは儲けもの♪
「タイガー&ドラゴン」で磨いた腕は衰えてなかった。
人物の演じ分けが上手かったぞ。

■第39回爆笑ヒットパレード2006(フジテレビ)

この日のお笑い系の番組ってどれも生放送だったのに、 どこにでも出てくるお笑い芸人さんがやけにたくさんいたような気がしたのは何故だろう(笑)
でも去年のお正月番組にすごい勢いで出ていた波田陽区が、今年は「時々見かける」程度だったことが印象的。
お笑いブームは続いているように見えてもそのなかでおそろしく速いスパンで世代交代がされているのね。
それともう一つ。
この年末年始はウンナンが一緒に出てる番組がやけに多かったような気が。
この番組でも最後にデビュー当時のネタをやっていた。
今見てもけっこう面白いところがすごい。

第43回新春かくし芸大会2006 (フジテレビ)

最初のいくつかと最後だけ。
最近はアナウンサーも身体張ってかくし芸やらなくちゃならないんだなあ…。
サラリーマンなのに(笑)

相棒 元日スペシャル 「汚れある悪戯~史上最大の連続誘拐事件」(テレビ朝日)

今年初ドラマ。
元日早々スペシャルやってしまうところがスゴイね、「相棒」。
これがなかなか見応えがあって面白かった。
特に後半、「これで終わりか」と思うと何度も意外な真実が見えてきて前の条件が少しずつ変化し、また犯人像もずれていくのがよかった。
葉月里緒奈、久々に見たけどやっぱり可愛い。
竜雷太のシブ~い演技もよかった。
でも、甲本雅裕はどうなのかな~?
確かに親に殺意を抱かせるほどのドラ息子の感じは出てると思うけど、果たして葉月里緒奈に「麻薬のように離れようと思っても離れられない」 と言われるほどの男にようには見えなかったし、最初の誘拐事件のときに警察を翻弄したような頭の良さもあまり感じなかったけどなあ。
でも主役2人(水谷豊&寺脇康文)のコンビネーションもいいし、なにより川原さんが見られるのが!
(顔がますます怖くなってます~^^;)
また連続ドラマ化されればいいな♪

<1月2日>

ゴールドラッシュ2006 (TBS)

「ザ・イロモネア」のお正月バージョン。
今までは一人(組)の芸人が通しで5つのチャレンジをずっと続けるシステムだったけど、今回はそのステージで残れた人(組) が次のステージへ…という感じになっていた。
そして、5人の審査員もその都度選びなおされていたような?
ずっと5人が固定しているよりも、もしかしたら可能性は高くなったのかも。
それでも結局ラストステージを勝ち抜けた人(組)は一つもなかったわけだけど。
それにしても、ああいう短い時間(60秒)の中での笑いってことになるとネタの「質」よりも「勢い」とか「変な顔(仕草)」とか「大きな声」 勝負になっている感じ。
それでも笑いを取れる人と取れない人がいるわけだから何かで差は出ているのだろうけど、私は全体的にあまり好きな傾向ではないかなあ。

東京フレンドパーク2(TBS)
TBS開局50周年 新春ドラマ特別企画 「里見八犬伝~前編」(TBS)

フレンドパークのゲストは「八犬伝」の犬士たち。
でも7人しかいなくて「あと一人誰だっけ?」と思いつつ本編を見たら…あ、押尾学ね。
本編のほうは意外に面白くてビックリ。
特に導入部(八犬士が誕生するきっかけまで)がすご~く判りやすかった。
でも、TVでは伏姫が可愛がっていた犬(八房)は全く登場してこないのね。
やっぱりそういうものをイメージさせる因子は外されたってことなのかしら。
菅野美穂の悪役っぷりが迫力あってよかった。
死んでもあれだけ力を発揮できるならわざわざ命乞いしなくてもよかったのでは(笑)
あとはタッキーの殺陣の動きと、ワダエミの衣装がキレイだったのが印象的。

|

« 年末年始はTV三昧<その1> | トップページ | ドラマ:「新選組!!土方歳三最期の一日」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
正月は夜中の映画とか落語とかを録画して見ていたような。あまり見たいなあというものが無かったので。

八犬伝は NHK の人形劇を見てましたね。ってご存知ないかも(^^;

投稿: ムムリク | 2006/01/07 15:37

maru です。

里見八犬伝は良かったですねぇ〜、ちゃんと見れば良かったと後悔しています。
翌日から始まる、古畑シリーズが気になって、里見八犬伝はちゃんと見なかったの悔やまれます。

菅野美穂さんは、どんな役でもこなしてしまうが、凄いと思います。後は仲間由紀恵さんは売れてると思います(^^)。

実は里見八犬伝は良く知らないです。知っていても良い歳なんですが(^^;;

投稿: maru | 2006/01/07 16:10

■ムムリクさん
>NHKの人形劇

知ってますよ~。(けっこういいトシなのですよ^^;)
「我こそは玉梓が怨霊」ってヤツですよね。
ちゃんと見てはいなかったのですが、そのフレーズは記憶にあります。
あれ、ジュザブローの人形だったんですよねえ。
今考えると贅沢な話ですよね。

コメントありがとうございました。

投稿: tako | 2006/01/07 23:56

■maruさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

「八犬伝」面白かったですよね~…と言いつつ、実は私も前編しか見ていないのです^^;
あの日(3日)「新選組!」と「八犬伝」と「古畑任三郎」と重なっていたじゃないですか。
私はビデオを使わないので(撮っても見ないので^^;)、何を優先するか考えた末に「新選組」→「古畑」を選んだのでした。
展開が気にはなっていたのですけどね~。

再放送のときは必ずチェックしたいと思います。

しかし、せっかくいい作品なんだから他が手薄のときにやってくれればいいのに…なんで全部ぶつけてくるかなぁ。

投稿: tako | 2006/01/08 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/8045093

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始はTV三昧<その2>:

» 元旦だから相棒みちゃおう [そこのけ!そこのけ!おばばが通る]
楽しみにしていた水谷豊主演の「相棒」元旦スペシャルばっちりオンタイムとビデオ録画で楽しみました。何度も巻き戻して見ちゃうのがマニアよね〜我ながら。う〜ん、ダメとわかっていても離れられない「麻薬のような男」ね。真面目な人ほどひっかかりやすいパターンってある....... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 21:02

« 年末年始はTV三昧<その1> | トップページ | ドラマ:「新選組!!土方歳三最期の一日」 »