« OS、ブラウザごとの見え方をチェックできるサイト「browsershots」 | トップページ | TV:「神はサイコロを振らない」最終回 »

2006/03/15

高田崇史/QED 竹取伝説

QED 竹取伝説
高田 崇史
4061822950

内容(「BOOK」データベースより)
“鷹群山の笹姫様は…滑って転んで裏庭の、竹の林で右目を突いて、橋のたもとに捨てられた”。不吉な“手毬唄”が残る、奥多摩は織部村。 この村で、まるで唄をなぞったような殺人事件が発生。崇は、事件の本質を解き明かすべく、「竹取物語」の真実から「かぐや姫」 の正体にまで迫る。まさに「QED」の真骨頂。

第…何弾なのかは判らないけど(笑)、取りあえず「QED」シリーズ。
今回はタイトル通り「竹取物語」を中心にした物語。
蘊蓄(?)の部分は相変わらずすごい勢いでタタルが喋るので、物語の半分以上は「ふ~ん…」 って感じで読み飛ばしてしまった^^;
だって、「A、つまりBだ」って内容がかなり多いんだけど、その『つまり』がどこから出てくるのか判らないんだもん。
すごく当たり前に話が流れていくので「え、それって常識なんですか?」ってビックリすることたくさんあった。
でも、まあ、それがこの本の特徴なのであまり気にせず読み進むのであった(笑)

でも今回はその蘊蓄と事件の関係性のリンク、それと事件へのタタルたちの絡み方がちょうどよかった。
事件の動機も今まで読んだシリーズの中では、まあ納得しやすい設定だったし。
推理小説としてまあまあ面白い作品だったかな。

しかし、文字を目で追って読んでいても何が書いてあるのか「???」な部分ばっかりなのに、あんな話をただ聴いているだけで (しかもお酒を飲みながら!)理解しちゃう奈々や小松崎ってスゴイと思う(笑)

|

« OS、ブラウザごとの見え方をチェックできるサイト「browsershots」 | トップページ | TV:「神はサイコロを振らない」最終回 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/9108331

この記事へのトラックバック一覧です: 高田崇史/QED 竹取伝説:

» 『QED 竹取伝説』/高田 崇史 [葉兎の本棚]
QED 竹取伝説高田 崇史 講談社 2006-03-15売り上げランキング : [続きを読む]

受信: 2006/05/20 18:37

« OS、ブラウザごとの見え方をチェックできるサイト「browsershots」 | トップページ | TV:「神はサイコロを振らない」最終回 »