« 会社のメアドへのスパムメール | トップページ | 携帯電話 »

2006/10/08

長野県信濃美術館・東山魁夷館

いきなり思い立って長野に行って来た。
目的地は「長野県立信濃美術館・東山魁夷館」

休日の朝、妙に早く目が覚めてしまうことが時々ある。
今日もそんな日で朝6時前に目が覚めたら眠れなくなってしまった。
いつもだとこのままダラダラしてるうちに10時過ぎくらいにまた眠くなって二度寝(なのか?(笑))してしまい、気がつくと夕方…一体何していたんだ…ってなことになることが殆ど。

でも今日は3連休の中日だし、すごく天気がよかったのでこのまま何もせずに終わってしまうのはさすがに勿体ない!だったら、眠くなる前にサッサと出掛けよう!ということで(休日にしては)珍しく10時前に外に出てみた。

といっても、この時点では実は全然違う場所に行こうとしていたのだ(笑)
美術館は美術館でも都内にある「東京都庭園美術館」に行こうと思って家を出て、電車に乗ったんだけど…池袋に着いた時点でまだ時間がけっこう早かったので「もしかして今からだったら長野まで行けちゃうかな?」と思いついて急遽予定変更。
そこから大宮に行って、一番早い「新幹線あさま」で一路長野まで。
今日は風が強くて途中徐行運転した区間があって定刻より少し遅れたけど、それでも13時ちょっと過ぎには長野駅に到着。
なんだ、思ったより近いじゃん。

東山魁夷氏は大好きな画家なので、この美術館は以前から一度行ってみたいと思っていた。
でもちょい遠いのでなかなか行く機会がなくて「そのうちそのうち」と思って先送りにしていたんだけど、今日は何故かいきなり「あ、今から行ってみよう!」と唐突に思ってそのまま電車に乗ってしまったというわけ。
私にしては素晴らしい行動力(笑)

【新幹線あさまより撮影:もうすぐ長野】
 

で、目的の美術館はというと…思っていたよりこぢんまりとしていた。
もっと大判の作品がバン!バン!と展示してあるのかと思ったらそうでもなくて、比較的小さめの作品(本作品になるまえの彩色されたスケッチ)が多かった。
(それでももちろん完成度はすごく高いわけだけど)
考えてみれば展覧会のときはそれを中心に集めるわけだから色んな作品を一気に観られるけど、あの美術館では東山作品自体が常設なんだから逆にもっと落ち着いた雰囲気になってしまうのは当然なのね。
作品の劣化を防ぐために一つの作品の展示期間は年に2ヶ月以内、と決められているとか。
収蔵作品が多くても、それを全部見られるわけではないのだ。
その分、スペースが充分取られていて、観覧者も少なくてゆったり静かに、そしてすごく近くで作品が観られて嬉しかった。
中でも中国の風景や人々を描いたスケッチはのびのびした素朴な味わいがいつもと違った雰囲気で印象的だった。

【東山魁夷館入り口】
 
後ろは萩の花。もう散ってしまって、殆ど花がなかったのが残念。

【美術館内にあるカフェ「Kaii」でお茶:抹茶シフォンケーキ】
 
テラスで食べたらさすがにちょっと肌寒かった…。
でもケーキは美味しかったよ~♪

隣接している本館では「川端康成の眼力 東山魁夷との知られざる交遊」展を開催中。
もちろんこれも拝観。
川端氏の美術コレクションの数々が展示されていたんだけど、「これ全部個人の所有物なんですか?」って感じの錚々たるコレクションに圧倒される。
展示品の中に東山氏と川端氏の書簡がいくつかあったんだけど、川端氏ってけっこう骨太ながっしり、ざっくりした字をかいていらしたのね。
なんとなくもっと細い繊細な感じか、きっちりした文字を書く人なのかな、というイメージがあったのでこれはちょっと意外。
東山氏の文字は流麗で綺麗だったけど、あまりにも達筆すぎて読めなかった^^;

1972年に川端氏が自殺したあと、特集を組んだ雑誌に東山氏が寄稿した文章を読んでちょっと泣いてしまった…。

【城山公園】
 
美術館の前にある城山公園(じょうやまこうえん)の噴水

泊まる準備もしてこなかったし、そのつもりもなかったので、ホントに美術館だけ観て善光寺さえも観光せずに(!)夕方6時前の新幹線で帰京。
ちと勿体なかったけど、時々はこんなふうに勢いで行動するのもいいかな。

あ、そういえば街路樹に実(多分りんごだったような)がなっていたのにはちょっと驚いた(笑)

|

« 会社のメアドへのスパムメール | トップページ | 携帯電話 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何年か前に行きました、東山魁夷美術館!
やっぱり秋で、長野の紅葉の具合が絵とおんなじだなあと思いました。
所蔵数が贅沢ですよねー、当たり前ですが。
九十歳を越えてきちんと身辺の整理をなさってくださったことが(切ないけど)ありがたいです。
よいお天気で、素敵な突発お出かけになりましたね〜。
長野に行ったら竹風堂の栗かの子が定番のわたしです(笑)

投稿: sumi | 2006/10/09 12:45

■sumiさん
こんにちは。

昨日の長野はさすがに東京よりはひんやりしていましたが(「ちょっとそこまで」のつもりで出たので、夕方はちょっと肌寒かったです~^^;)、残念ながら紅葉にはまだちょっと早かったようです。
美術館の中だけ「秋を先取り」の様子でした。
でも目の前に広がった山や空の様子が東京はもちろん、私の田舎の栃木ともやっぱり違っていて、おおらかな空気を感じました。とても気持ちよかったです。
たまには思い切ってちょっと足を伸ばしてみるのもいいですね。

>竹風堂の栗かの子

私も「おみやげだけでも」と思ってちょこちょこ美味しそうなものを買い込んできたのですが(笑)、これには気付きませんでした。
今度行く機会があったら探してみま~す♪

コメントありがとうございました(^^)

※もうそろそろカウントダウンですね♪
※朝夕の気温差が大きいので健康管理が難しいと思いますが、頑張って下さい。

投稿: tako | 2006/10/09 16:44

おやまあ、それはそれは。善光寺を通ってもたいした時間差はないので残念でしたね。

たぶん街路樹にりんごは植えてないかと思います。基本的には。飯田だと植えてますけどね。なので通常のもの以外か別のものかもしれません。

投稿: ムムリク | 2006/10/09 19:06

■ムムリクさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>善光寺を通ってもたいした時間差はない

地図を見るとそうですよね~。
初めての場所でちょっと慎重になりすぎたのと、さすがにちょっと疲れていたので早めに切り上げてしまいました^^;
後で確認したら他にも見所たくさんでしたよね~。残念!
次に行くときはもう少し余裕を持ってゆっくりしてきたいと思います。

>街路樹にりんごは植えてない

あ、そうでしたか。
私もバスの窓から見ただけなのでハッキリは判らなかったのですが…でも「実」がなっていたのはホントなんですよ。握り拳くらいの大きさの…。
色合いとか質感が「りんご」って感じだったんですけど…ホントは何だったのかな?

投稿: tako | 2006/10/09 23:39

突然思い立っての小旅行、いいなぁ~。
うらやましいです。
長野はそちら方面からもかなり便利になったんじゃないかな。
おすすめスポットがいっぱいありますよ。
紅葉は時期が合えば、山全体が色づいてそれはそれは見事です。
同じように新緑の頃も圧倒的な緑です。
一見の価値あり、ですよぉ~!

なんて書いてたら、行きたくなってきました。

投稿: しろっこ | 2006/10/10 00:33

■しろっこさん
こんにちは。

しろっこさんのほうこそ、小旅行にしょっちゅう行ってるじゃないですか~!(笑)
私は車の運転も出来ないし、出不精だし、最近遊び相手も激減しているので^^;、なかなかきっかけが掴めないんですよね。
今回のように気持ちと行動が一致するのはホントーに珍しいです。
でも、動いてしまえば結構簡単だというのが実感出来たので、これからはもうちょっと身軽に動けるようになりたいです。

>紅葉は時期が合えば

そうですよね~、この時期だったら「紅葉」というのを考えるべきでしたよね(泣)
あの山が一気に色づいたら綺麗だろうなあ…。いつか見に行ってみたいです。

投稿: tako | 2006/10/12 19:24

休日にふらっと出かけて遠くの美術館へって、素敵ですね。確かに殆どお隣善光寺をスルーは惜しい気もしますが、あそこ案外広いからスルーの選択は正しかったのではないでしょうか。
 sumi様お奨めの竹風堂の栗かの子、美味しいですよ。栗が採れ出すこれからは新栗を使った栗おこわも美味です。
ちなみに私、この美術館随分ご無沙汰です。県内なのに^_^;

投稿: ぽんず | 2006/10/13 22:21

■ぽんずさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>休日にふらっと出かけて遠くの美術館へって、素敵ですね。

東京から長野くらいだったら余裕で日帰り出来るのでいいですよね。
交通費がちょっと高いのが難点ですが…^^;

>この美術館随分ご無沙汰です。県内なのに^_^;

近くにあるからいつでも行ける、と思っているとなかなか足が向かないんですよね。
私も東京の美術館に行くの、年に2~3回ですもん。
でも、せっかくお近くにいるのなら季節ごとにくらいに行ってみてもいいかもしれませんね。

私も関東圏内くらいだったらもっと気軽に行けそうなので、お散歩気分でお出掛け出来ればいいなと思います。

投稿: tako | 2006/10/13 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/12204407

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県信濃美術館・東山魁夷館:

« 会社のメアドへのスパムメール | トップページ | 携帯電話 »