« 縄田一男 編/大奥華伝 | トップページ | 手編みのドイリー〈2〉 »

2006/12/09

手編みのドイリー〈1〉

手編み熱はまだ冷めないものの、もう大物(といってもマフラー程度ですが^^;)はいいや…って感じになってきたのでドイリーを編んでみた。

参考にしたのは今日ジュンク堂で買ってきたこの本↓。

はじめてのレース編みミニドイリーパターン100―10cm・15cm・20cm
4021904018

 小さめのドイリーパターンがたくさん(100種類くらい)載っていて、見ているだけで楽しい♪
ニットの編み物は子どもの頃からやってるけど、レース編みは殆ど初心者の私。
毛糸で編んでいてもちょっと細い糸だと力が入りすぎてしまいす~ごく疲れるので、最初はレース用の糸ではなく細めのウールコットンで挑戦してみた。(邪道かも^^;)
健闘した結果がこちら↓。
■その1
手編みドイリー1
鎖編みを多用したネット編みのパターン。
糸が(レース糸よりは)太いので、鎖編みがふわふわしてしまうのが難点。

■その2
手編みドイリー2
方眼のマス目を長編みで埋めて、模様を出すパターン。
これはバラの花。
(一応…でも、実際に見るよりこうやって写真に撮ったほうが模様がちゃんと見えるな)
サンプル写真は正方形なのに、私が作ると長方形になってしまうのは何故?^^;

どちらも大きさは10cmくらい。
このくらいだと一つ1時間くらいで編み上がるので、飽きる前に終わってちょうどいい。
もっと上手くなって、少しずつ細い糸で編めるようにしていきたいな~。
…そこまでこの手編み熱が持続するかどうかは不明だけど(笑)

上記の本と一緒にこちら↓も購入。
こちらのパターンのほうが繊細。細い糸で丁寧に編みたい!

はじめてのレース編み花のレースパターン100―10cm・15cm・20cm
4021904026

|

« 縄田一男 編/大奥華伝 | トップページ | 手編みのドイリー〈2〉 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

可愛いドイリーが出来ましたね[♪] 10センチ角って、使いやすい大きさだから、活躍の場が多そう。
ふさも、レース編みって好きです。レース糸だと細いから、小さくても編みでがあります。子どもの頃は、ガーゼのハンカチに段染めのレース糸で縁編みをしてお友達と交換したりしました。
ところで、レース針をこれから購入されるなら、ぜひ『クローバーのペンE』って針をお勧めします。持ち手が特徴的で、平べったくなっています。takoさんのように、力が入りすぎるとか、編んでいくうち指先が痛くなるなんてのを解消してくれると思います。ふさはコレが大好きです[ハート]
http://www.clover.co.jp/seihin/pen_e.shtml

投稿: ふさ | 2006/12/09 07:49

■ふささん
いくつもコメントありがとうございます[♪]

>ドイリー

ホントは出来上がったらちゃんとピン打って、アイロンかけて…とかしなくちゃならないような気がするんですが、今のところ「編み図通りに編み上がった」ということで満足してしまってます^^;
もうちょっと上手くなったら、そういう部分にもこだわって行きたいですね。

>ガーゼのハンカチに段染めのレース糸で縁編みをしてお友達と交換

小さい頃からそんなおしゃれさんなことをしていたんですね!
それが今のふささんの原点になっているのでしょうか。
やっぱり子どもの頃の経験って大事ですよね[ハート]
ところで、ハンカチに縁編みするときって、どうやって穴を開ければいいんですか?

レース針のご紹介、ありがとうございました。
確かに軸が太くて持ちやすそうですね!
私は金属だけの軸も細~いのしか見たことなかったので、「指に食い込んできそう…」とちょっと心配だったのです。
今度、手芸屋さんで探してみますね。

※リンク先の「クロバー」のサイトも編み図や編み方の説明がたくさんあって便利そうですね。
ブクマさせていただきました~[♪]

投稿: tako | 2006/12/09 14:20

子どもの頃は、縁編み用のハンカチを手芸やさんで売っていたんです。針を刺す場所にずっと穴が開いていました。以前、手芸教室で教材に使おうかと思って調べてみたのですが、現在はそういう商品はないようでした。そのかわりに、もっと大きなテーブルセンターで、縁編み用の品がありましたが、千円以上したと思います。
穴の開いていないものに編みたい場合は、『目打ち』というアイスピックの子どもみたいな手芸道具で穴をあける方法があります。やった事ないけど、ガーゼやリネンなど、目の粗い布なら、レース針をそのまま刺してもイケそうな気がします(*^^*)

投稿: ふさ | 2006/12/11 08:01

■ふささん
こんにちは。

>子どもの頃は、縁編み用のハンカチを手芸やさんで売っていた

ああ、そうなんですか。
私は子どもの頃はもっぱら母親の使いかけの毛糸で遊んでいて、自分で手芸屋さんに行くこともなかったので知りませんでした。

>現在はそういう商品はないようでした

需要がないってことでしょうか。
ハンカチでもちょっと手を加えてあるとプレゼントにもいいと思うんですけどね。

私は目打ちで開けるのはちょっと自信がないので(汗)

>ガーゼやリネンなど、目の粗い布なら、レース針をそのまま刺しても

のほうでちょっとチャレンジしてみたいと思います。
コメントありがとうございました♪

※あ、昨日手芸屋さんに行ってオススメのかぎ針買ってみました。
ちょっとだけ使ったのですが、指の力が分散されて疲れない感じですね。
これから編みやすくなりそうです(^^)

投稿: tako | 2006/12/12 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/12990226

この記事へのトラックバック一覧です: 手編みのドイリー〈1〉:

« 縄田一男 編/大奥華伝 | トップページ | 手編みのドイリー〈2〉 »