« 寝違えた? | トップページ | 大森望・豊﨑由美/文学賞メッタ斬り!リターンズ »

2007/01/08

高橋克彦/いじん幽霊-完四郎広目手控

いじん幽霊―完四郎広目手控
高橋 克彦
4087461041

内容(「BOOK」データベースより)
江戸時代の広告代理店、広目屋「藤由」の香冶完四郎がおなじみ仮名垣魯文とともに、攘夷の暗雲垂れ篭める横浜へ。万国の人間が集う開港まもないこの地で起こる、不可思議な幽霊騒動や殺人事件。日本を食い物にしたいいじんの仕業か、それとも攘夷派の企みか。それぞれの文化がぎこちなく交じり合い、思惑がからみ合って起こる難事件のトリックを、見事な推理と剣さばきで、完四郎が解き明かす。

「完四郎広目手控」シリーズの第3弾。
1作目は江戸、2作目は江戸から京都までの道中と来て、3作目の舞台は海港間もない横浜です。

前2作と同様、「広目屋」藤由の依頼で横浜に居を移した完四郎と魯文が出会う騒動と解決が、当時の横浜の様子と一緒に描かれています。

相変わらず完四郎がちょっと万能すぎるのでは?とか、ちょっと都合よくまとまり過ぎでは?という部分がなきにしもあらず。
でも少ない紙数の中に当時の横浜の風物や風習をはじめいろいろな要素が詰まっているし、オチもちゃんと決まっているので楽しんで読めました。

「夜明け横浜」「ふるあめりかに」「夜の写真師」「娘広目屋」「いこくことば」「横浜天狗」「火の雨」「遠眼鏡」「いじん幽霊」「筆合戦」「虎穴」「横浜どんたく」の12編を収録。

完四郎広目手控
高橋 克彦
4087473880
天狗殺し―
完四郎広目手控

高橋 克彦
4087476456

<過去の2作品の感想はコチラ↓>
完四郎広目手控
天狗殺し-完四郎広目手控

|

« 寝違えた? | トップページ | 大森望・豊﨑由美/文学賞メッタ斬り!リターンズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/13387975

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋克彦/いじん幽霊-完四郎広目手控:

« 寝違えた? | トップページ | 大森望・豊﨑由美/文学賞メッタ斬り!リターンズ »