« CM:Docomo2.0 | トップページ | 剣持鷹士/あきらめのよい相談者 »

2007/06/24

火坂雅志/骨董屋征次郎京暦

骨董屋征次郎京暦
骨董屋征次郎京暦

内容(「BOOK」データベースより)
幕末から明治へ。世も人も移りゆく京の町を舞台に、変わらぬ魅力を持つ骨董品をめぐる、様々な人間模様。昼は骨董屋の主。しかして、その正体は…!?好評シリーズ、傑作骨董時代小説。

「骨董屋征次郎手控」の続編。
前作のトラブルを片づけた征次郎が再び京都に戻り夢見坂で〈遊壺堂〉を再開して数年…という舞台設定。

京都の小さいけれど目が利く骨董屋に持ち込まれる訳ありの名品に絡む小さな事件を店主の征次郎が解決する短篇集といった感じで始まりながら、後半には何故か新撰組につけ狙われ、逃げ出した加賀で藩ぐるみの悪事に巻き込まれ…とどんどん話が広がってしまった前作に対して、今回は京都の遊壺堂を中心にした短篇のみ。

やっぱり私はこのくらいの世界観で完結するお話のほうが好きだな。
ただ、今回は骨董そのものにまつわる話とか直接それが事件の鍵になるというよりも事件と征次郎を結びつけるきっかけ的な扱いだったことと、導入部から話が展開するまでは話に広がりがあって面白いのに終わり方があっけない作品が多かったのが残念だった。

征次郎は若いながらも古い伝統を持つ骨董の闇市「六道闇の市」の株を持っている、という設定なんだからこのあたりを活かしてもっと道具と密接な話があってもいいんじゃないのかな。

若いけれど目利きの征次郎、征次郎にぞっこんの売れっ子芸者・小染、ハタ師の謙吉、征次郎の師・柴山抱月、闇の市の元締め、など登場人物はみんなクセがあって性格がハッキリしていて面白かった。

「敦盛」「わくら葉」「海の音」「五条坂」「鴨川」「仇討ち」「冴ゆる月」「夢見坂」の8編を収録。


骨董屋征次郎手控
骨董屋征次郎手控
この作品の感想はこちら。
骨董屋征次郎手控

|

« CM:Docomo2.0 | トップページ | 剣持鷹士/あきらめのよい相談者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/15548098

この記事へのトラックバック一覧です: 火坂雅志/骨董屋征次郎京暦:

« CM:Docomo2.0 | トップページ | 剣持鷹士/あきらめのよい相談者 »