« 「このミステリーがすごい!2008年版」 | トップページ | 言いまつがい »

2007/12/09

ドラマ:「半落ち」

ゆうべ、テレビ朝日でやっていたドラマ『半落ち』を見た。
「土曜ワイド劇場」の30周年記念特別企画だったらしい。

出演は渡瀬恒彦、椎名桔平、高島政伸、橋爪功、風吹ジュン、銀粉蝶…などなど、殆どの配役が実績のある有名な役者さんばかりできちんと作ってあるという印象の作品で見応えがあった。
特に番組冒頭、妻を殺してしまった梶(渡瀬恒彦)が縁側で庭に向かって座っているシーン。
妻の丹精した庭を見つめそこにある全て脳裏に刻みながら、それでいて何も写っていないかのような、全ての感情をなくしてしまった梶の眼差しが非常に印象的だった。
※全く見る予定はなかったのに、なんとなくチャンネルを合わせたらこの目にぶつかって結局そのまま見ちゃった、という感じだった。

全体的な感想としては真面目にきちんと作ってあって面白かったし引き込まれたんだけど…ちょっと疑問。
普通、すごく辛いことがあって「生きていたくない」と思うときに、「死にたい」とは言うかもしれないけど、「殺して」ってことはあまり言わないんじゃないかな、と思うのだけど。(こんなことで「普通」とつけるのもどうかと思うけど)
例えば自分では全く身体が動かせないという状態なのだったらともかく、そうでないのに誰かに自分の殺人を依頼するというのが心情的に解せなかった。
しかも梶は警察関係者であるわけだからそうする(させる)ことでどんな立場に立たされるか、その前にその後彼がどういう行動を取るかは妻である彼女には予想出来たと思うんだけどな。
だって「殺して」っていうのは、彼女が正気に戻ったときなんだから。
だったら相手に「殺して」っていう前に自殺に向かう方があり得そうな行動のような気がする。
それとも、そうしたことも考慮できないほどパニック状態だったってことなんだろうか?

原作(横山秀夫氏の同名小説。私は未読)にはちゃんとそのあたりも描かれているのかな。
映画化作品は以前TVで放映されたときに一度見てる(ので内容はだいたい判ってた)けど、そのへんがどうなっていたかは(あまり気にしていなかったとみえて)全く記憶がない…。

あと、中尾(東ミッキーが演じてた新聞記者)が途中で急にいなくなってしまったのもちょっと不可解。
あそこまで行ったら意地でもウラを取るための取材をするのでは?と思うんだけど。(仕事として成立しないとしても)

他には県警本部ってこんなにキレイなの?とか、きっぺいちゃんカッコいい!とか、銀粉蝶さんっていい人なんだか怖い人なんだか謎とか、いっけいさんってこういう役多いなあとか、「SP」始まるまでに終わるのかな~とか。
そしてなにより目撃証言をした売店のおばちゃんのその後が気になるドラマでした(笑)

土曜ワイド劇場
※「半落ち」の紹介ページはこちら

半落ち (講談社文庫)
半落ち (講談社文庫)
半落ち
半落ち

|

« 「このミステリーがすごい!2008年版」 | トップページ | 言いまつがい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/17317149

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ:「半落ち」:

» 半落ち テレビドラマ [最新ニュースブログ]
半落ち商品価格:619円レビュー平均:4.35しみじみとする日本映画、何がありますか。たくさん教えて。しみじみとする日本映画、何がありますか。たくさん教えて。日本映画が好きです。だいぶ前なら、「夏の庭」 ちょっと前の 「博士の愛した数式」や「半落ち」など、しみじみ..... [続きを読む]

受信: 2007/12/28 21:28

« 「このミステリーがすごい!2008年版」 | トップページ | 言いまつがい »