« 野火迅/使ってみたい武士の日本語 | トップページ | ココログ:フリー版の広告(Sponsored Link)表示がいつの間にか増えている件 »

2008/01/12

坂木司/シンデレラ・ティース

シンデレラ・ティース
シンデレラ・ティース

内容(「BOOK」データベースより)
サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。都心のオフィス・ビルの一室で、サキの忘れられない夏がはじまる。

坂木さんの作品は真一と司が出てくるシリーズから読んでるけど、あのシリーズよりこの間読んだ「切れない糸」のほうが好きで、そしてそれ以上にこの作品はよかった。

大学2年の夏休みに大ッ嫌いな歯医者で受付のアルバイトをすることになった女子大生・咲子(サキ)がクリニックのスタッフや来院する患者さんとのやり取りの中で起こった謎を解決し、そしてそれによって成長していく物語。

とにかく主人公のサキが魅力的。
元気で明るくて物怖じしなくて協調性もあって、お客様(患者)相手の応対もちゃんと出来て学習能力もやる気もある、しかも可愛い…捉え方によってはちょっとイヤミになるくらいちゃんとした「女の子」として書かれているのに、それをすんなり読ませてしまう、更には「ガンバレ!」って応援したい気持ちにさせてしまうのは坂木さんの柔らかくて穏やかな文章の賜物だと思う。

クリニックのスタッフの面々も個性的で賑やか。
院長以下医師2名、歯科衛生士3名、歯科技工士1名、事務1名と計8人も出てくるのに、みんなきちんと性格付けされていてそれに沿って発言・行動しているのですごく判りやすい。
しかも歯科医の専門的な仕事についての解説や治療の様子も丁寧に書いてあるので、まるで本当にそんな歯医者があって自分も行ったことがあるような錯覚に陥るくらいだった。
でも、こんなにスタッフ全員が接客業としても技術者としてもプロフェッショナルで、仲間内のモチベーションと方向性が一致している歯医者さん(といううか職場)ってあるのかな~。
ほとんど理想型だよね(笑)

物語の中に出てくる謎自体はそんなに大きな問題ではないけど、確かに歯医者(病院)の受付で仕事をしていたらぶつかるかもしれないなと納得できるような内容ばかりだったし、その謎の解き明かし方、そして終わらせ方に「愛」があって読んでいてとても温かい気持ちになれた。
サキと、人付き合いがちょっと苦手な四谷との恋の行方も爽やかで清々しくて気持ちよかったし。

ただ謎解きするときのサキの反応がちょっと鈍くて、それについて探偵役の四谷とやり取りしてる間にこっちは「あ、そういうことか」って判ってしまうことが多かったのがちょっと不満。
ボンヤリとは判るけど「う~ん、なんだっけ…」と考えているくらいの時に「実は…」と種明かししてくれるくらいがちょうどよかったんだけどな。
この部分はちょっと親切すぎたかも。

でも全体的にはバランスが取れていて、安心して読める大満足の1冊だった。

表題作の他「ファントム vs ファントム」「オランダ人のお買い物」「遊園地のお姫様」「フレッチャーさんの贈り物」の5編を収録。

サキの大学の同級生でよき相談相手、頼りになる親友の浩美(ヒロ)が同じ夏休みに沖縄にバイトに行った話も別の本として出ているらしい。(『ホテルジューシー』)
こっちも読んでみようっと。

ホテルジューシー
ホテルジューシー

|

« 野火迅/使ってみたい武士の日本語 | トップページ | ココログ:フリー版の広告(Sponsored Link)表示がいつの間にか増えている件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/17667470

この記事へのトラックバック一覧です: 坂木司/シンデレラ・ティース:

« 野火迅/使ってみたい武士の日本語 | トップページ | ココログ:フリー版の広告(Sponsored Link)表示がいつの間にか増えている件 »