« 田村裕/ホームレス中学生 | トップページ | ドラマ:「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」 »

2008/01/05

三浦しをん/三四郎はそれから門を出た

三四郎はそれから門を出た
三四郎はそれから門を出た

内容(「BOOK」データベースより)
それでも本から離れられない。人気作家にして筋金入りの活字中毒者、三浦しをんの秘密の日常。初の、ブックガイド&カルチャーエッセイ集。朝日新聞の人気連載、『anan』のカルチャーコラムも収録。

雑誌に発表された書評と本に関する文章をまとめたエッセイ集。
全部で6つの章に分かれていて、1と2が書評、3、6が本にまつわるエッセイ、4、5はカルチャー系のエッセイという感じかな。

最初は書評目当てで読み始めたけど、結果的にはストレートに本について書いてある部分よりもそれ以外の文章のほうが面白かった。
書評は本人自ら「活字中毒」というだけあってちゃんと読み込んでいるんだろうなあというのは伝わってくるんだけど、書き手と対象(本)の距離が近すぎるのか違和感があってあまり読みたいと思う本が見つからなかった。
(考えすぎだろうけどね^^;)

面白かったのは三章の「本のできごころ」。
これは例えば『虚無への供物』の舞台となった氷沼邸を探しに目白に足を運んだり、『長くつしたのピッピ』に出てくるしょうが入りクッキーを実際に作ってみるというような感じの体験型エッセイ。
本を基点にしているけれど本そのものからはちょっとずらした視点で書かれている内容が楽しかった。
なかでも電車で近くにいあわせた人が読んでいた本を自分も読んでみるという「本の辻占」が好きだったなあ。
著者も書いているように自分で本を選ぶと趣味や嗜好が偏ってしまって同じような傾向になってしまいがちだから、こうして人任せで本を読むというルールを自分に課すと意外に面白い本を発見することが出来るかも。
私も機会があったらやってみよう(^^)

|

« 田村裕/ホームレス中学生 | トップページ | ドラマ:「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/17586838

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦しをん/三四郎はそれから門を出た:

« 田村裕/ホームレス中学生 | トップページ | ドラマ:「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」 »