« 五十嵐貴久/相棒 | トップページ | 落とし物 »

2008/02/23

海堂尊/ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋
ジェネラル・ルージュの凱旋

出版社 / 著者からの内容紹介
第4回『このミス』大賞受賞作&28万部突破の『チーム・バチスタの栄光』、15万部のベストセラー『ナイチンゲールの沈黙』に続く、大人気・田口&白鳥シリーズ第3弾の舞台は、救命救急センター。
医療問題、収賄事件、大災害パニック…あらゆる要素がつまった、
シリーズ最高傑作のメディカル・エンターテインメント!

この間読んだ『ナイチンゲールの沈黙』がビックリするくらい面白くなかった^^;ので、それと対になるというこの作品も期待と不安半々で読み始めたんだけど、こっちはかなり面白かった!
物語がスピードに乗っていて全体に緊迫感が溢れていたし、キャラクターもクッキリしていて判りやすく、敵味方に分かれての議論による攻防戦も迫力があって読み応えがあった。
これは確かに『チーム・バチスタ~』の続編という感じがするよ。
内容も『チーム・バチスタ~』同様、病院内で起きる事件+院内の政治的駆け引き中心だったしね。

でも「面白かった」と思えば思うほど謎なのが、「何故『ナイチンゲール~』のほうを先に出したんだろう?」ということ。
2冊の出来を考えたら、こっちを『チーム・バチスタ~』のあとにメインで出して、『ナイチンゲール~』はしばらく間をおいてからサイドストーリーとして出した方がよかったのでは?なんて余計なことを考えたりなんかして(笑)
更に言えば、これと『ナイチンゲール~』は同時期に起きた物語として裏表である必要もなかったのでは?と思ってしまうくらい独立していい出来の作品だった。

ただ、気になったのは相変わらずニックネームとか修飾語とかがてんこ盛りのきらびやかな文章。
特に会話文。
エシックス・コミティの沼田とか事務長の三船あたりはそういうキャラだからいいけど、速水や田口まで回りくどい暗喩を使った言い回しをすることには違和感を感じるなあ。
もうちょっとストレートでシンプルな表現でもいいんじゃないかと思うんだけど。

それに対して、登場人物の行動表現はかなりワンパターン。
特に、

速水はからりと笑った。

って表現は作品中で30回は読んだような気がするんだけど…。
人の笑い方ってクセがあるから同じような表情になることが多いだろうしそれでそのキャラクターの性格とかを表現できる場合もあると思う。
でもだからといって同じ表現が何度も何度も出てくるのはちょっとボキャブラリーを節約し過ぎなのではないかと。

それから、例のルージュの件…速水がジェネラルになったエピソードはいいんだけど、あそこにルージュを登場させる意味はあったのかなあ???
しかも「伝説」としてのエピソードだったらともかく、現実にもそれをさせちゃうってのは理解出来ない。
どんなに素敵な人だとしても40過ぎたオジサンが真っ赤なルージュなんか塗ったら100mくらい引くと思うんですが…^^;
100年の恋が醒めることはあっても「ステキです…」って惚れ直されることはないと思うよ。

この作品で白鳥の唯一の部下、氷姫こと姫宮登場。
最初の「大柄な看護士が壁にへばりついて」とか「その勇姿は砂浜に置き去りにされたゴンドウクジラに屍体くらい~」とかっていう表現を読んだ途端、私の頭の中では姫宮は南海キャンディーズのしずちゃんに置換されていた…(泣)
多分全然違うんだろうな~、と思いつつ色んな女優さんとかを思い浮かべてみたけど一度インプットされた情報はなかなか他のイメージに変換出来ず。
面倒になったので結局最後までそのまま行ってしまった。
これから先も姫宮が出てくるたびに、私の脳内ではしずちゃんが動き回るんだろうな…。
正直な話、あまり好きではないんだけど(特に話し方)…ま、いっか(笑)

チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光
ナイチンゲールの沈黙
ナイチンゲールの沈黙

|

« 五十嵐貴久/相棒 | トップページ | 落とし物 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/40232182

この記事へのトラックバック一覧です: 海堂尊/ジェネラル・ルージュの凱旋:

« 五十嵐貴久/相棒 | トップページ | 落とし物 »