« 宮部みゆき/孤宿の人(上下) | トップページ | ココログ開設4周年記念オフ in 表参道 »

2008/07/05

藤本由香里/私の居場所はどこにあるの?少女マンガが映す心のかたち

私の居場所はどこにあるの? 少女マンガが映す心のかたち (朝日文庫 ふ 26-1)
私の居場所はどこにあるの? 少女マンガが映す心のかたち (朝日文庫 ふ 26-1)

内容紹介
1960年代末から90年代末頃までの少女マンガの描写から、その心理や内面に焦点をあてて分析。女性の恋愛観、セクシュアリティ、家族観、職業観の変化を精緻に追う。同時に少女マンガにおける性的指向に関する描写の変遷もをたどりつつ、来るべきトランスジェンダーの時代の幕開けを告げる。「居場所」を求めてさまようすべての人々に贈る必読の書。少女マンガ評論の新境地を拓いたと評価の高い幻の名著、待望の文庫化。

面白かった。

かなりガッツリした評論作品だったけど、文章が読みやすかったし、何より対象が私も親しみのある「少女マンガ」だということで非常に楽しく読めた。
特にこの作品が単行本として出版されたのが10年前(つまりそれより前の作品しか扱われていない)で、最近はとんとマンガから遠ざかっている私にも理解できる作品が多かったのが嬉しかった。

でも、面白かったけど、実際に自分がマンガを読むときにこの本の中に書かれているようなことを感じながら読んでいたのか?というと、それは疑問。
なので、「なるほど、そういう考え方も出来るのね」とは思ったけど、「そうだったのか、納得した」という感じではなかった。
少女マンガは「ジェンダー」とか「アイデンティティー」というものに深く関わっているという主張で、それは私もそうだろうなと思うけど、それ以前に私はただ単に「面白いから」読んでいたって意識しかなかったから。
(それとも自分が意識しないどこか深い部分でそれを感じていたんだろうか?)

ビックリしたのはこの本の中でいくつかの作品のあらすじが解説されている部分があるんだけど、それが私も何度も読んでよく知っている大好きな作品であるにも関わらず「ええっ、あのマンガってそんな内容だったっけ?」ということが多かったこと。
特に萩尾望都さんの作品(例えば「スターレッド」とか「マージナル」とか)は、私が覚えている内容と比べると「別作品?」と思えるくらい違っていたので思わず笑ってしまった^^;
一体私は何を読んでいたのであろうか?
読み流すにもほどがあるって感じだなあ(笑)
確かコミックスや文庫で持っていたと思うので、もう一回改めて読み返してみよう。

それと気づいたことが一つ。
私は作品を読むときに主人公(を始めとした登場人物)に自分を重ねるということを殆どしないということ。
これはマンガ以外の作品(例えば小説やお芝居や映画とか)でも同じ。
感想として「もし私だったら」と考えることはあるけど、基本的にいつも作品は「作品として」鑑賞しているなあ…ということを、この本を読んで確認した。
だから、入り込める作品になかなか出会えないのかも。
その分、この本にあるようにそれを読むことで葛藤したり考え込んだりはあまりしないし、作品のイメージや雰囲気に囚われてしまうことがないので、どんどん色んな作品をサクサク読んでいけるってことでもあるんだろうと思う。

そんな私でも物心付く前から20年以上に渡って読み続けた少女マンガから受け取ったものは計り知れないほど膨大である。
文庫解説で作家の三浦しをん氏が

「心身の構成成分の大半が少女漫画」

と書いているけど、私も「大事なことはみんな少女漫画から教わった」なあ。
考え方の基本的な部分とか、人との関わり方、更には生きていくのに絶対必要ない知識までいろんな部分で今の私の血となり肉となっていることがたくさんある。
(少女に限らず)漫画というメディアにはそういうパワーがあると思うので、これからも良質な作品を提供し続けていって欲しいなあ、と思う。

|

« 宮部みゆき/孤宿の人(上下) | トップページ | ココログ開設4周年記念オフ in 表参道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

スターレッド。複雑な話ではなかったように記憶しているのですが、どんな違いだったのでしょうねえ。とはいえ忘れているんですけれど。

投稿: ムムリク | 2008/07/05 13:58

■ムムリクさん
こんにちは。

>複雑な話ではなかった

私もそんな気がしてました…が、この本の解説を読むとかなり深~い話のようです^^;
これをこんな風にちゃんと理解して読めている読者というのはどのくらいいるんでしょうねえ。

少女マンガ、恐るべし(笑)

投稿: tako | 2008/07/08 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/41741084

この記事へのトラックバック一覧です: 藤本由香里/私の居場所はどこにあるの?少女マンガが映す心のかたち:

« 宮部みゆき/孤宿の人(上下) | トップページ | ココログ開設4周年記念オフ in 表参道 »