« 象印の電気ケトル | トップページ | ダイエット中 »

2009/01/10

映画:K-20 怪人二十面相・伝

昨日の帰り、「K-20」を見てきました。

面白かったです~♪
もともとアクション映画は好きなのでそれだけでも楽しかったのですが、ストーリーもよくまとまっていて判りやすく、更にメインストーリーに絡んでくるラブロマンスもベタベタしない可愛らしさがあって微笑ましかったです。

何と言ってもよかったのは平吉役の金城武のアクション。
それも怪人二十面相と闘う部分よりもそこに行き着くまでの「泥棒修行」として街の中をあらゆる障害物を乗り越えながらひたすらまっすぐに進む練習をするシーンがカッコ良かったです~♪
「パルクール」というスポーツの動きを取り入れたものらしい)
手の中に仕込んだ伸縮自在の小型ワイヤーを駆使しての高さ移動も迫力あったし。
ただ、金城くんはアクションや表情はいいけど相変わらずセリフがイマイチなんですよねえ…。
軽めのセリフはともかく、シリアスなセリフになるとなんとなくたどたどしくて聞いてて不安でした^^;

明智役の仲村トオルは厳しく重厚な感じと、柔らかくてちょっとひょうきんな感じが上手く融合していて役にピッタリでした。

日本一の大財閥の令嬢・葉子役の松たか子は、世間知らずで、真っ直ぐで、でも勘が鋭くて大胆という「良家の子女」らしさが全面に出ていてとても可愛らしかったです。
屋根のない小型ヘリを操って平吉を助けに来るところは、ちょっとナウシカみたいでした。

絶対的な格差社会に苦しみながら、それを何とかしようと力を合わせ身を寄せ合って逞しく生きる人々。
「夢見ることを忘れなければ、夢は必ず叶う」というメッセージとともに、現在の日本の状況にシンクロしてエールを送ってくれているような作品でした。

二十面相と平吉の最後の対決で平吉が見せた、すべてを受け入れた笑顔が印象的でした。

今度原作も読んでみたいと思います。

「K-20 怪人二十面相・伝」公式サイト

怪人二十面相・伝 (小学館文庫)
怪人二十面相・伝 (小学館文庫)
怪人二十面相・伝〈PART2〉 (小学館文庫)
怪人二十面相・伝〈PART2〉 (小学館文庫)
K-20 オリジナル・サウンドトラック
K-20 オリジナル・サウンドトラック
K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック
K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック

|

« 象印の電気ケトル | トップページ | ダイエット中 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も観てきました。
面白かったですねえ^^

私も原作読んでみたくなって図書館に予約入れました。そのうち手元に来るでしょう。いつになるやらですが[汗]

投稿: 桜桃 | 2009/01/12 23:09

■桜桃さん
こんにちは~。コメント&TBありがとうございました[♪]

「絶対見るぞ!」って感じでもなく、何気なく見に行ったのですがすごく面白くて得した気分でした(^^)
金城くんはああいうちょっとマヌケな感じの役柄のほうが私は好きみたいです(笑)
あと、松ちゃんが可愛かったですね~。
彼女って普通にしてるときはそんなでもないですが、舞台とか映画とかで演技をしてるところを見るといつもすごく輝いているので「すごいなあ」と思います。

次は長瀬くんが出てる「ヘブンズ・ドア」を見に行こうかな、と思ってます。

投稿: tako | 2009/01/14 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/43698392

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:K-20 怪人二十面相・伝:

» 映画『K-20』観てきました [あん・ぷろん・ぷちゅ]
映画『K-20』観てきました。 夫がめでたく大台に乗ったので、レイトショーを選ば [続きを読む]

受信: 2009/01/12 23:25

« 象印の電気ケトル | トップページ | ダイエット中 »