« '09年1月の読了本 | トップページ | 象印の電気ケトル »

2009/01/06

ドラマ:福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~

遅くなりましたが…。
明けましておめでとうございます。
今年もマイペースで行きますので、宜しかったらお付き合い下さい(^^)

さて、2009年最初の記事です。

2日に放送されたドラマなので「今更」感満載ですが^^;、せっかく原作も読んだので簡単に感想など。

中心になるストーリーは原作(「オッカムの剃刀」)と殆ど同じ。
先に内容を知っていたこともあってかなり判りやすかったです。
主役の福家警部補役の永作さんも、笑顔がキュートで可愛かったです。
放送前にWebサイトでみた写真からするともっとモッサリした感じになっているのではと心配したのですが、全然そんなことなくて、周りに何だかんだ言われながらもニッコリ笑いながら自分のペースに巻き込んでいく原作のイメージ通りの福家になっていました。

ただ、メインのストーリーとは別にやたらに「笑わせよう」として入れてくるネタがあまりにも多いのはちょっと…。
少なくとも、私はあまり好きなタイプの笑いじゃなくて少々ツラかったです。

あと、原作にあった「福家と柳田は過去に面識があって、その時のある出来事が事件解決の伏線になっている」という設定がザックリなくなっていたのもショックでした…あの部分が一番好きだったのに(泣)

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

|

« '09年1月の読了本 | トップページ | 象印の電気ケトル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

よかったですよね。原作も読んでみたいと思いましたよ。

投稿: ムムリク | 2009/01/07 10:44

わぁ~~ん、これ観たかったです。
お正月なんできっと忙しくて観られないと思い
録画予約しといたつもりだったのに
なんか違うものが録れてたんです。
番組表で予約したはずなのになんで違う番組が録れてたのか
すっごく不思議!
次の日の陽炎の辻SPはしっかり録れてたのに。
ぐすん。

家族が観てたからチラチラっとは観てたんですが
バタバタと動き回りつつなんで後で一人でゆっくり観ようって
思ってたのに。残念!

投稿: しろっこ | 2009/01/08 00:18

■ムムリクさん
こんにちは。

ドラマと比べると笑いの要素が少ない分原作のほうがかなりあっさりした感じかもしれません。
でも、私は原作のほうが好きかも…(笑)
他の事件もよく出来ていると思うので、ぜひ機会があったら読んでみて下さい。

投稿: tako | 2009/01/09 10:56

■しろっこさん
こんにちは。今年も宜しくお願いします。

>なんか違うものが録れてた

ワクワクして再生したら全然違うものが出てきたときのガックリ感…経験あります^^;
残念でしたね~。
それにしても何が録れてたんでしょうか…(笑)

下記、NHKの番組紹介ページなのですが、会員になると「再放送希望」が出来るみたいです。
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20090102-21-28297
どのくらい希望が叶うのか判りませんが…ご参考まで。

コメントありがとうございました。

投稿: tako | 2009/01/09 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/43660889

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ:福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~:

» 『福家警部補の挨拶/オッカムの剃刀』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
四篇収録されている大倉崇裕の短編ミステリー集『福家警部補の挨拶』から、二作目の「オッカムの剃刀」をドラマ化したもので、今年の正月にNHKから放送された。 夜、大学の准教授が殺害された。現場は連続強盗事件が起こっていた現場に近く、手口も似通っており、同一犯の仕業と思われた。しかしこれまで殺人は行われていないこと、そして普段はマイカー通勤をしていた准教授がこの日に限ってタクシーを使っていること等々不審な点も見られたことから、本庁から乗り込んできた福家警部補はこれは准教授を狙った計画的殺人だと推理を... [続きを読む]

受信: 2009/01/13 22:17

« '09年1月の読了本 | トップページ | 象印の電気ケトル »