« WBC | トップページ | 『PC版「やってはいけない」をやってみた』が面白い »

2009/03/18

検索力検定

ネットをうろうろしていたら「検索力検定」というページを発見しました。
出題された課題の回答を検索エンジンを使って見つける、という方式。
8級から1級まで各1問ずつ、計8問の問題が出題されています。

検索するのは好きだし、けっこう得意なので早速挑戦してみました。

結果!

あなたは検索力検定(1級)に合格しました!
おめでとうございます!あなたは検索力検定のすべての級に合格しました!ハッキリ言ってスゴイです。
今のあなたには探せない情報など皆無ではないでしょうか?プロ級です。

やった~♪
ただ、全部調べるのに約1時間掛かりました…ちと掛かりすぎかな。
特に2級の問題が難しかったです。
検索のキーワードがなかなか見つけられなくて、かなりいろんなサイトをグルグル回ってしまいました^^;
それに比べて1級はかなり簡単でした。
1回検索したらアッサリ回答が見つかってしまったので「ホントにこれでいいの?」って逆に不安になってしまい、その回答の妥当性を確認するためにもう一回検索したくらい(笑)
ちなみに回答に辿り着くまでに一番お世話になったサイトはWikipedeaでした。

問題が1問ずつしかないのがちょっと物足りないですが、けっこう楽しいのでお時間と興味ががあるかたは是非挑戦してみて下さい。

|

« WBC | トップページ | 『PC版「やってはいけない」をやってみた』が面白い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは凄いです。
リンク先を見てみたところ、私は第一問目を読んだだけでギブアップしてしまいました。検索とはいえ、調べる課題が細かいです。
よく判らないのですが、間違うと先に進めなさそう。つまりtakoさんは一度も間違えずに出来たと。
ものすごく、純粋に、尊敬してしまいます(◎-◎)

投稿: ぽんず | 2009/03/21 21:58

■ぽんずさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

>間違うと先に進めなさそう

私もそんな気がしたので、かなり慎重に確認しました。その結果が検索時間1時間でした^^;

検索のコツは「自分が知りたい情報が、そのページにどんなふうに載っているか想像してキーワードを選ぶこと」みたいです。
あと、一つのキーワードで上手くヒットしなかったら、同じ意味合いで表現を変えた言葉をキーワードにしていく、とか。
例えば最初の課題だったら「1億人」と「1億人目」では検索結果がかなり違って来ます。
それを意識して検索すれば、簡単な内容なら相手先のサイトに飛ばなくてもGoogleの検索結果の文章だけでも目的の情報を入手することが出来るようになると思いますよ。

逆に言えば、上のことを意識して文章を書けば検索に引っ掛かりやすい記事を書くことも可能だと思います。
(私の記事のタイトルに全然ひねりがないのはそのせいです(笑))

…と、調子に乗って偉そうに書いてみました(笑)
参考になれば幸いです♪

投稿: tako | 2009/03/22 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/44392307

この記事へのトラックバック一覧です: 検索力検定:

« WBC | トップページ | 『PC版「やってはいけない」をやってみた』が面白い »