« 今野敏/安積班シリーズ | トップページ | '09年5月の読了本 »

2009/04/30

今野敏/心霊特捜

心霊特捜
心霊特捜

内容(「BOOK」データベースより)
番匠警部…R特捜班班長、背広はヨレヨレだが統率力◎。数馬主任…古神道伝承者、細身だが眼光鋭く迫力満点。鹿毛巡査…実家は密教系の寺、皮肉屋のパンクロッカー。比謝巡査…沖縄出身のノロ、桁外れにマイペース、紅一点。そして、岩切大悟…県警刑事総務課所属で、R特捜班との連絡係だが恐がり。神奈川県警 R特捜班、別名『心霊特捜班』。心霊現象が絡む事件を担当する特別捜査班。山本周五郎賞・日本推理作家協会賞W受賞後第一作、クールでちょっと切ない警察小説。

心霊現象による事件の解決を目的に鎌倉署内に設立された「R特捜班」(Rは霊(Rei)のR)の活躍を描いた短編集。
「死霊のエレベーター」「目撃者に花束を」「狐憑き」「ヒロイン」「魔法陣」「人魚姫」の6編を収録。

リアリティ満点の「安積班シリーズ」とは打って変わって、こちらは悪魔祓いだの狐憑きだの自縛霊だの憑依だのといったオカルトな内容でかなり意外な感じでした。
とはいえ、そうしたキワモノ的な題材を扱いつつも「R捜査班」のメンバーのキャラクター設定や事件の内容、物語の構成などはさすがにキッチリ作られているので、読みやすいし安定感もちゃんとある作品になっているわけですが。

かなり非現実的で「あり得ない」内容だけど、考えてみれば警察官というのも一般人とは比べられないくらい人の死に関わる職業であるわけだからそうした非現実的なものを否定しつつもどこかで繋がっている部分がもしかしたらあるのかも?なんてことを想像してみたり。
それに、他に人の目がないところでの犯行だったとしたら、幽霊でもいいから見ていてくれないかと思うこともあるんじゃないかなあ。
証言として有効ではなくても、そこから捜査の糸口が見つかる可能性はあるかもしれないじゃない。
(この本の中にもそういう内容の話があった)
もしかしたらこれから先の未来では、本当にそうした捜査を研究するようになってくるのかも。
あと、霊的なものとはまた違うけど「残留思念」とかね。
例えば死の間際といった極限の状態では人間の脳波や身体から何らかの物質(?)が放出されているんじゃないのかな。
(それが「思念」なのかどうかは判らないけど)
だから、それを何らかの方法で読み取ることが出来るようになったら、事件の解決に役立てられるのでは…なんてことを考えたのでした。
ただそこが人間の立ち入れる場所であったらその場所にいた人が必ずしもその犯罪に関係のある人とは限らないから何らかの方法でそれを特定しなくちゃいけないわけだよね。
例えば地質の鑑定みたいになんちゃらの含有量で時代が判定できるようになるとか?
すごく荒唐無稽の話のようにも思えるけど、例えば今は生きたままの人間の輪切り画像だって撮影できるようになってるわけだから、このあと何十年何百年経てばそうしたことが当たり前になっている時代だって来ないとは限らないよね。

ところで、この物語の中で「R特捜班」は鎌倉署にあることになってるんだけど(所属は本庁)、その理由は「古都であるため住民からのそうした通報が多いから」。
これを読んで、じゃあ京都や奈良はどうすんだ、と思ったのは私だけではないはず…(笑)

|

« 今野敏/安積班シリーズ | トップページ | '09年5月の読了本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

購入本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/44847955

この記事へのトラックバック一覧です: 今野敏/心霊特捜:

« 今野敏/安積班シリーズ | トップページ | '09年5月の読了本 »