« 映画:「バーン・アフター・リーディング」 | トップページ | 坂木司/短劇 »

2009/05/09

こんちには みさなん おんげき ですか

「mixiニュース」経由
確かに“読めてしまう”コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く
(from 「ねとらぼ」)

「なんだこりゃ」と思ってよく“読んで”みると「へー」となるコピペ文章が「2ちゃんねる」に登場し、「人間の脳すげー」と驚く住人が続出。

珍しく2ch関連ネタ。
タイトルだけではよく判らなかったけど本文を読んでみたら面白かったのでご紹介。

問題のコピペの全文は以下の通り。

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっかにんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっればじばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとてわざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

確かに読めちゃうなあ…(笑)
パッと見た瞬間に文字列が入れ替わっているのには気が付くけど、読み始めるとそれが殆ど気にならないで読み下せちゃうんですね。
面白~い♪
最近TVでもよく見る「錯視」の一種なのかな?
(微妙に間違っている状態を、脳が「自分が知っている状態」に勝手に補完してしまう、というのをどこかで聞いたような気がする)
何でも自分の都合のいいように解釈しちゃう人の心理にも似てるかもしれませんね(←違うか(笑))

私の場合、車内吊りの週刊誌などの広告をパッと一瞬見ただけである文字が(人名が一番判りやすい)が書いてあるのを認識出来るのに、改めてそこを読もうとして探すとなかなかその部分が見つからない。
最初からよ~く読んでいって「こんなところに書いてあったのか」とやっと見つかるくらい小さい文字だったりする場合があります。
(たまに、全然違う文字の組み合わせだったりする場合も…(笑))
これも「目」というより「脳」の力なのかな?
もしかしたら「速読」はこういう能力を鍛えているのかも。

|

« 映画:「バーン・アフター・リーディング」 | トップページ | 坂木司/短劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は
こちらと暴想様のブログに偶然同じネタの記事はっけ~ん。
どちらにも思わずコメントしてしまいました。

実は私、何の違和感もなく読んでいました。(^^;)
確かに速読に関係あるのかも知れませんね。
私はかなり速読ですが、特に翻訳物の人名や固有名詞を間違って読んでいることが多々あります。逢坂剛の「アリゾナ無宿」でラクスマンをラスクマン、サグワロをサグロワと読んでいたことに最近気付きました。見た瞬間に自分が読みやすい単語に置き換えている、つまりチャンと読んでいないということですね……。

投稿: Tosi | 2009/05/09 22:37

■Tosiさん
こんにちは。

取り上げやすいネタだったようであちこちに同じ内容のブログ記事が氾濫してますね(笑)

>翻訳物の人名や固有名詞を間違って読んでいる

ああ、判ります~!
基本的に外国人の名前って覚えにくいから、無意識に以前にどこかで見た(聞いた)名前や単語と結びつけて覚えようとしてしまうのかもしれませんね。

ところで、こういう文章の書き方というのはもしかしたら「検索除け」に有効かもしれない…とふと思いつきました。
そのためにこんな書き方をするのは大変だけど…どこかの頭がいい人がジェネレーターを作ってくれるかもしれませんね(笑)

コメントありがとうございました!

投稿: tako | 2009/05/10 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/44948668

この記事へのトラックバック一覧です: こんちには みさなん おんげき ですか:

« 映画:「バーン・アフター・リーディング」 | トップページ | 坂木司/短劇 »