« 三浦しをん/風が強く吹いている | トップページ | 古田敦也さんサイン会 »

2009/11/03

映画:「風が強く吹いている」

本の感想をアップした後、ネットで調べてみたら近くの映画館で上映していたので気分が盛り上がっているうちにと思って見に行って来ました。

が…、残念ながら感想は「今ひとつ」。
まだ原作の印象が鮮明すぎたためか小説の丁寧な書き込みに比べて、映画のほうはポイントだけをピックアップして並べたダイジェスト版のような印象を受けてしまいました。
やっぱりあの時間(143分)では、10人のメンバーそれぞれの個性やバックグラウンド、箱根に向かうための練習、そして本番といった膨大な情報量を処理するのは難しいのでしょうか。
けっこう「端折ってるな~」というのが正直な感想でした。

冒頭のカケルとハイジが初めて出会うシーンは原作のままやって欲しかったし、箱根の本番のシーンもあれだけの規模で人を集めて本物と見まごうようなスケールでやるならそれぞれの必死の走りと胸の内をもっと丁寧に描いて欲しかったと思いました。
ラストは殆ど原作と同じ内容なのですが、それまでの積み重ね、重みが足りないせいか何となくフワ~ッとしたまま終わってしまった印象。
序盤のハイジと他のメンバーとの結びつきをもう少し丁寧に描いておくと、何故こんな無謀なことを誰も止めようとはせず死ぬ思いでやり抜こうと思ったのかという説得力が出てきたと思うのですが。

ただ、演じた役者はやっぱりスゴイと思います。
実際にどのくらいの速さで走っているのかは判らないけど、それでもちゃんと練習してかなりの距離を実際に走っているのだろうからそれだけでもスゴイ。
特にカケル役の林遣都(ハヤシ・ケント)くんのフォームはホントにキレイでした。
そう言えば林くんはデビューが『バッテリー』(野球)だし、『DIVE』(高飛び込み)にも出てるんですよね。(どちらも見てないけど)
確かにスポーツマンっぽいストイックなイメージがある役者さんでしたし、それに対応出来てしまう身体能力も相当なものだと思います。
ただ、演技はもうちょっと頑張って欲しいかな~。
ハイジ役は小出恵介くん。
彼は声とセリフがとてもいいですね。
あまりにもよすぎて却って周りから浮いてるように思えるくらいでした。
彼は今TBSドラマ『JIN-仁-』(面白いです!)で幕末の武士の役をやってるのですが、時代劇のほうが合っているような気がします。
それから、彼の着ている私服(ユニフォームやトレーニングウェア以外の服)がいやにオシャレだったのがちょっと気になりました。
小出くんには似合っていたんですけどね、ハイジのイメージとは違うんじゃないかなあ…と。
他のメンバーもみんな原作のキャラクターによく合った役者を配してあったと思います。
だからこそ、それぞれの性格や胸の内をもう少しゆっくり描く余裕があったらよかったのに…と残念に思いました。
原作を読む前に見たほうが良かったのかな…。

映画『風が強く吹いている』公式サイト

|

« 三浦しをん/風が強く吹いている | トップページ | 古田敦也さんサイン会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/46665034

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:「風が強く吹いている」:

« 三浦しをん/風が強く吹いている | トップページ | 古田敦也さんサイン会 »