« 覚え書き:「デビュー40周年記念 萩尾望都原画展」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2009/12/14

吉田秋生/海街diary1、2

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
海街diary 2 (フラワーコミックス)
海街diary 2 (フラワーコミックス)

珍しくマンガの感想です。
最近はあまりマンガを読まなくなったので本屋のマンガ売り場にも滅多に行かないのですが、今日はなんとなく「何か面白いのがあったら読みたいな」という気分になってプラーッと平台を見て歩いていたらこの本を発見。
「きれいな表紙だな~」と思ってよく見たら吉田秋生さんの作品だったので思わず購入してしまいました。

鎌倉を舞台に、幼い頃両親に捨てられ祖母に育てられた三姉妹(幸・佳乃・千佳)と、父親の死によって彼女たちと暮らす事になった14歳の異母妹(すず)の生活を描いたシリーズものです。

『BANANA FISH』以後、『夜叉』、『イブの祈り』とかなり重いテーマを扱った作品が続きストーリーも人間関係も複雑で内容を理解するのも一苦労…という感じになってしまい『イブの祈り』は途中で挫折。
この作品で何年ぶりかで再会したのですが『夜叉』や『イブ~』と全く方向性が違う、というか『夢見る頃を過ぎても』や『河よりも長くゆるやかに』の頃に戻ったような作品でした。
穏やかで、じんわりと温かさが広がるような雰囲気の作品ですごくリラックスして楽しく読めました。
悩んだり、悲しんだり、怒ったり、迷ったり…という感情や、友達や恋人、家族など人と人との関係が、穏やかな筆致で丁寧に描かれています。

それぞれ個性的な三姉妹と、その暮らしに突然現れる母親の違う妹。
普通だったら、いがみ合いとか反発とかという方向に動きそうな関係なのに、同じ傷を持つもの同士お互いがお互いを思いやる気持ちが嫌味なく描かれていてとても爽やかな作品でした。
また、彼女たちを取り巻く登場人物ひとりひとりがきちんと役割を持ってしっかりと描かれているのも読み応えがありました。

鎌倉の名所旧跡もたくさん出てくるので「鎌倉ガイド」にもなっています。

『月刊flowers』に年に2~3回掲載されたものをまとめてあるようなので、コミックスは1年半に1冊くらいなのかな?
これからも長く続いて欲しい作品です。

ところで次女の佳乃の恋人として『ラヴァーズ・キス』に出てきた朋章が出てくるのですが、これは『ラヴァーズ~』より前の設定なのかな?
佳乃と別れてから里伽子と付き合ったの?
それにしては、この作品の朋章のほうが吹っ切れた感が強いんですが。
『ラヴァーズ~』の朋章もかなり好きなキャラでしたが、こっちの朋章のほうが高校生らしくて可愛らしいですね♪

|

« 覚え書き:「デビュー40周年記念 萩尾望都原画展」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/47023918

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田秋生/海街diary1、2:

« 覚え書き:「デビュー40周年記念 萩尾望都原画展」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »