« 五十嵐貴久/土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | 坂木司/ワーキング・ホリデー »

2010/01/16

赤川次郎/鼠、江戸を疾る

鼠、江戸を疾る (角川文庫)
鼠、江戸を疾る (角川文庫)

出版社 / 著者からの内容紹介
江戸の庶民の喜怒哀楽を細やかに描いた、赤川次郎、初の時代小説!
江戸の町で噂の盗賊、「鼠」。その正体は、「甘酒屋次郎吉」として知られる遊び人。妹で小太刀の達人・小袖とともに、次郎吉は江戸の町の様々な事件を解決していく。

鼠小僧次郎吉を題材にした時代小説。
赤川さんにとって初めての時代小説とのことですが、すごく上手!
かなり楽しめました。

どの話も、物語の中心になる人物と次郎吉とその妹の小袖が知り合うきっかけ、その後彼らに手を貸すことになる経緯など話の運び方がスムーズだし、全体的に会話中心に進んでいくのでテンポもよくとても読みやすかったです。
天才的な盗賊で腕も立つ次郎吉と、勝気で小太刀の達人でもある小袖の兄妹のキャラクターも嫌味がなくて好感が持てました。
一話ずつの起承転結がしっかりしているし、何よりラストが時代小説らしい人情味溢れる結びになっているので読後感もとてもよかったです。

どの話にも斬り合いなど盛り上がったりハラハラする場面も必ず一つ入っているので、このままTVドラマ化しても面白そうな内容でした。
ホントにやったら絶対見るけどなあ♪

「鼠、起つ」「鼠、泳ぐ」「鼠、化ける」「鼠、討つ」「鼠、騒ぐ」「鼠、落ちる」の6編を収録。

|

« 五十嵐貴久/土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | 坂木司/ワーキング・ホリデー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

いよいよ、赤川さんもお江戸ですかぁ@@

読んでみたいです!

投稿: 桜桃 | 2010/01/17 18:33

■桜桃さん
こんにちは。

かなり面白かったですよ~♪
今月の新刊文庫なので本屋さんで平積みになっているはずです。
見かけたら是非!
感想楽しみにしてます(^^)

コメントありがとうございました。

投稿: tako | 2010/01/19 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/47310018

この記事へのトラックバック一覧です: 赤川次郎/鼠、江戸を疾る:

« 五十嵐貴久/土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | 坂木司/ワーキング・ホリデー »