« 海堂尊/イノセント・ゲリラの祝祭(上・下) | トップページ | ‘10年05月読了本 »

2010/04/24

竹内薫/ディオニシオスの耳

ディオニシオスの耳―シュレ猫探偵 (徳間文庫)
ディオニシオスの耳―シュレ猫探偵 (徳間文庫)

10年前にカナダ・モンレアルの大学に留学していた竹之内幸四郎。
卒業を祝しパーティを開いた夜、同じ留学生のまゆみが何者かに殺害される。
その後、日本に戻り大学の講師となっている幸四郎の元に大学時代の友人から同窓会を兼ねたライブへの招待状が舞い込む。
大学の教え子を伴って出掛けた幸四郎の目の前で友人たちが次々と殺され…という話。

とにかく長かった。
文庫版で約500ページの長編なのですが、無駄な部分が多すぎです。
特に事件に直接関係ない人物紹介エピソードが延々と続く前半はかなり辛い。
登場人物の人となりを伝える記述があるのはいいけど、それを何ページにも渡って書くのは焦点がぼやけるので「書いてあることはみんな伏線なのでは?」と思いながら読んでいくミステリーにはあまりいい効果はないと思うんですが。
しかもそうまでして書いてある内容もそんなに面白くないし、更にそれだけ書いてあるにも関わらずそれぞれの人物像が曖昧なままだというのは…。

後半からはスピードが出てきてちょっと面白くなったので何とか全部読めました。

ただ、トリックの解説(特にコンピューター絡みの部分)は専門的すぎてよく判らなかったです。
探偵は物理の天才なのかもしれないけど、読むのは素人なんだからもうちょっと上手い伝え方を考えなければダメなのでは。

それから、ラストがかなり腰砕けになってしまったのも不満。
相手は犯罪者なんだから、もっと毅然とした態度を取ってもらわないと…。

|

« 海堂尊/イノセント・ゲリラの祝祭(上・下) | トップページ | ‘10年05月読了本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/48167985

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内薫/ディオニシオスの耳:

« 海堂尊/イノセント・ゲリラの祝祭(上・下) | トップページ | ‘10年05月読了本 »