« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の10件の記事

2010/08/13

畠中恵/こころげそう

こころげそう (光文社時代小説文庫)
こころげそう (光文社時代小説文庫)

内容(「BOOK」データベースより) 
江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―幽霊の身となって!神田川でこときれた於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうちに、九人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩みが絡み合ってきて―ほんのりせつない大江戸青春恋物語。

内神田で下っ引きを勤める青年・宇多が主人公なので、「しゃばけ」シリーズよりも軽快でスピード感のある語り口。
そこは好感が持てたけど、ストーリー的にはは今ひとつ。

同じ町内で兄弟のように育った幼馴染9人の友情と恋愛+それに絡む不穏な事件の謎を解く、という構成だったんだけどどうも読後感がスッキリしない。
ラブストーリーとミステリー、どちらも詰め込みすぎで焦点がぼやけてしまった印象を持った。

だいたい、9人(男4人、女5人)もいれば1組、2組くらい好いた惚れたの関係になるのは判るけど、9人全員がその中の誰かが好きで三角関係、四角関係になるってちょっと不自然じゃないかと思う。
ただ、これについては「そういう設定なんだ」といわれれば「そうですか」と納得できる。
そういう閉じた関わりというのもアリでしょう。
でもだとしたらそれをメインにそれぞれの恋の顛末を描くだけで十分だったのでは。
9人の思うようにならない恋の行方をメインに、事件は起こっても「日常の謎」といった範囲のミステリーに留めておけば、その想いが上手くいっても行かなくてももっと後味がさわやかなお話になったんじゃないかと思う。
実際それがメインで書かれた「乞目」とか、「力味」のほうが、事件に直接絡む話よりも面白かったもの。

ラストも宇多が消えてしまった於ふじに対して心の区切りをつけるところで終わってるけど、いつも宇多の傍にいたお絹の気持ちには全く触れていないというのもちょっとひっかかった。

「恋はしがち」「乞目」「八卦置き」「力味」「こわる」「幼なじみ」の6編を収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙川優三郎/露の玉垣

露の玉垣 (新潮文庫)
露の玉垣 (新潮文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
大火や洪水、旱魃に見舞われ、藩の財政は常に逼迫していた。国を思いながら一度の過ちで追放の身となった忠臣の決意、子宝に恵まれずに離縁された主家の女を見舞う下僕の情。困難に立ち向かう者もいれば、押しつぶされる者もいた…。儚い家臣の運命と武家社会の実像を描く連作短篇集。

江戸中期、貧困に喘ぐ新発田藩の中老に取り立てられた溝口半兵衛が政務のかたわらにしたためた代々の家臣たちの記録を元に綴られた短編集。

久しぶりの歴史小説、しかも内容がかなり地味目なので読むのに苦労した。
起こっていることの関連性が理解しにくいし、何より人間関係が煩雑でよく判らない。
普通の歴史小説とはちょっと趣が違い、同じ家中の家臣ばかり出てくるので同じ名前でも別人(先祖や子孫)の場合があって混乱してしまう。
なので、「読み終わった」と言ってもただ字面を追っただけで、殆ど内容を覚えていないというのが現状orz

ただ、困難な生活の中で武士としての誇りを貫いて生きようとする新発田藩士たちの生き様を淡々と描く抑制の効いた文章はとても美しいと思った。

特に自分の家からの出火で城を焼いてしまい一時は死を覚悟した主人公が思いがけない周囲の優しさ、励ましを受けもう一度新しい土地で生きなおすことを誓う「新しい命」は印象的だった。

「乙路」「新しい命」「きのう玉蔭」「晩秋」「静かな川」「異人の家」「宿敵」「遠い松原」の8編を収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/11

読書感想文を書くためのお役立ちサイト一覧

以下に紹介したのは全て外部サイトです。
特に【感想文コピー可】のサイトについては、どのサイト様も利用にあたっての条件が提示してありますので、それをよく読んでその範囲内で利用してください。
ご利用はすべて自己責任でお願いします。
不具合、トラブルが生じても当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

【感想文の書き方】

こうすれば書ける読書感想文
読書感想文の書き方
読書感想文の書き方(「がんばれ中学受験生!」内)
~先生が悦ぶ読書感想文の書き方のコツと傾向と対策~児童・生徒のための読書感想文の書き方教室
読書感想文<書き方・例文>大百科!
あなたにも出来る!宿題★読書感想文
1行読むだけで読書感想文を書く

【感想文コピー可】

著作権フリー!![自由に使える読書感想文]
著作権フリーの読書感想文!!
~児童、そして生徒のための~自由に使える読書感想文
tanabeebanatの読書感想文倉庫

| | コメント (1) | トラックバック (1)

当ブログの記事は【著作権フリーではありません】!

アクセス解析を見ていたら、リファラに「Yahoo!知恵袋」のアドレスがあるのを発見。
何となくイヤ~な予感を抱きつつリンク元の質問を見に行ったところ…とんでもないことになっていました(泣)

やばい!!遊びすぎていたら読書感想文書くのわすれてた 誰か書いたやつ丸々うつさせてもらえませんか。

この(↑)質問に「ここにたくさんあります」ってことでこのブログのアドレスが貼ってあったのですorz 
私はこのブログの記事が「著作権フリーだから丸写ししても大丈夫」なんて一言も言った(書いた)ことありませ~ん!(T_T)

貼ってあったアドレスは読了本のインデックスページだったので、確認後すぐに「下書き」に変更。 
取り敢えず該当ページにはアクセス出来ないようにしておきました。
ブログ本体に来られちゃえば、バックナンバーからでも検索からでも記事は呼び出せちゃうけど、直接のページがないだけでも少しは違うでしょう。
トップページのアドレスが貼られてなくてホントによかった…。

でも、実際問題として、私がこのブログで書いているような感想って、学校に提出する読書感想文としてはふさわしくないと思うんですよねえ。 
構成とかなにも考えずに感じたこと(面白かった、つまらなかった)をダラダラと書いているだけだし、ネタバレしちゃまずい部分はかなりぼかして書いたりしてるし。
(なので自分でも後から読み返すと何について書いてるのか判らない場合も多々あり(笑))
それに最近は文字数もかなり少ないから既定の枚数にはとても足りないと思います。
だいたい、自分が学生の頃も読書感想文が得意だったわけでもないので、今更人に使ってもらえるような感想文が書けるわけもありませんw

「知恵袋」の質問の回答からこのブログに辿り着いた方、記事を読んで頂けるのは嬉しいですが、「パクって自分の感想文として使う」のが目的ならこちらにはそのような内容の記事はありません。

改めて宣言しておきますが、

このブログの記事(文章、管理人撮影の画像)の著作権は放棄していません。 
適切な範囲の引用は問題ありませんが、それを超える文章、画像の転載・流用はご遠慮下さい。

よろしくお願いします。

でも、どうしてそういう誤解が生まれているんだろう? 
世の中にブックレビューを書いていらっしゃるサイトやブログなんてたくさんあるのに何故うちのアドレスだけが紹介されちゃったの?
…やっぱり、この(↓)記事のせい?

「自由に使える読書感想文」というサイト

でも、この記事は「このブログのことではなくて、他のサイトのこと」だし、読んでる人にもそれがすぐ判るように書いたつもりなんですが…。 
もしそれが伝わっていなくて誤解されているのだとしたら、それだけでも私の文章力の無さが証明されてそういう意味でも私の文章は感想文としてパクるには相応しくないってことかと。

あ、自分で書いててちょっと凹む…(泣) 
もっと精進しよう!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

映画:ちょんまげぷりん

同名小説の映画化。
そんなに派手じゃないけど、原作のよさを生かした面白い映画だった。
ひろ子・友也親子と安兵衛が心を通わせていく過程も自然に描かれていたし、映像だから出来る小ネタもたくさんあってけっこう笑えた。
ひろ子たちと再会した安兵衛がお風呂に入って、着替えて出てきたときパーカーの前立てを着物みたいに合わせて裾をスエットパンツの中に入れて着ていたシーンが好きだったな(^^)

キャストも思っていたよりも設定にあっていて安心して見ていられた。
特に友也役の鈴木福くんが子供らしくて可愛かった♪

ただ、時間が短かったせいもあるかもしれないけど、仕事と家族の関係の部分はちょっと消化不良だったかも…。
ひろ子の葛藤とか苛立ちとかもうちょっと突っ込んでもよかったのでは。
あと同僚の田中くん(キング・オブ・コメディの今野くん)とひろ子親子との交流がもうちょっとあってもよかったなあ。
あと、原作にあった「TVの時代劇にハマる安兵衛」も見てみたかった。

全体的によくまとまった作品だと思うけど、一番よかったのはエンディングテーマ。
「ウルウルしたけど、泣くほどではなかったかな」と思いながら最後まで見終わったら急に清四郎の声で「Remenber me~♪」って聞こえてきて、それだけでブワッと泣いてしまった。
あの声は圧倒的ですねえ…。
「ゴールデンスランバー」のときもエンディングの曲がよくて、珍しくタイトルロール全部見ちゃったけど、今回も同じようにやられました。
選曲のセンスが抜群です。

ちょんまげぷりん公式サイト

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/05

高橋由太/もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫)
もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
江戸・本所深川で、献上品の売買を行う、献残屋の手代として働く周吉。彼はオサキという妖狐に憑かれたオサキモチであり、いつも懐にいるオサキに、恋に仕事にと、やることなすことからかわれている。ある夜、辻斬りに襲われ、殺人も起きる中、店の一人娘・お琴がいなくなった。周吉はオサキモチの不思議な力を使い、お琴を捜しに夜の町へ出て行く。おとぼけ手代と妖狐一匹の妖怪時代劇。

お江戸の妖怪もの、しかも表紙が可愛かったので買ってみた。
生意気で怠け者で少々凶暴な妖怪・オサキと、見た目は美形だけど小心者でぼんやりした性格の周吉の組み合わせは面白かったけど、全体的には今ひとつ。

まず文章。
読みにくいわけではないんだけど、読んでるとところどころ気になる点が出てきていちいち引っかかる。
同じような表現が何度も繰り返されたり、時系列が曖昧だったり。
意図的にやっているのかもしれないけど、あまり効果的とは思えなかった。
特に周吉が鵙屋(もずや)に奉公に上がる前、山の中で襲ってきた妖狐に反撃するシーン、12行の間に「錆びた釘」という言葉が8回も出てくるのにはビックリした。
もうちょっと書きようがあったのでは。

物語のテンポもあまりよくなかった。
300ページほどのお話だったのに半分を過ぎても結局何が起きる話なのかがみえてこないのは少々辛い。
最後の盛り上がりと畳み掛けるようなエンディングはよかったので、全編あのくらいのスピード感とまとまりがあったらな。
犯人は意外というよりちょっと唐突な印象。
もう少し丁寧な(というか「納得しやすい」)伏線を書いておいてもよかったのでは。

あと、(これは著者の責任ではないかもしれないけど)読み始めて10ページほどで2箇所も誤字脱字があったのがとても気になった。
100%完璧っていうのは難しいのかもしれまいけど、やっぱりもうちょっと注意して欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

‘10年08月の読了本

  • 浅田次郎『霧笛荘夜話』(角川文庫)
    港の傍に建つ古ぼけたアパート「霧笛荘」に住む6人の住人たちの物語。号泣するという感じではないけど、じんわりと良さが広がっていく作品。人間が生きていく意味とか価値とかを考えさせられる。
  • 高橋由太『もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ』(宝島社文庫)
    設定は悪くないけど、文章が回りくどいし物語のテンポもあまりよくない。300ページ程度の話なのに、半分過ぎても物語の全体像が見えないのは少々辛い。何より始まって10ページで2箇所も誤字脱字があったのが気になった。
  • 愛川晶『神田紅梅亭寄席物帳 道具屋殺人事件』(創元推理文庫)
    落語家・福の助とその妻涼子が持ち込む謎を病気で引退した師匠・馬春が解き明かす安楽椅子モノ。面白かった♪事件と落語の組み合わせ方が上手く読みやすい。作中での内容解説で初心者にも分かりやすかった。寄席に行きたくなる。
  • 石持浅海『心臓と左手 座間味くんの推理』(光文社文庫)
    短編集。ある事件を介して知り合った青年と刑事。その2人の会話だけで構成されるストーリーには無駄がないし、テンポもいい。事件の概要を説明する部分も、それをひっくり返す意外な展開も説得力があって全編とても面白かった。
  • 有川浩『阪急電車』(幻冬舎文庫)
    面白かった~♪短い路線の小さな駅での偶然の出会い。ほんの一瞬の出会いもあれば、それから永遠を約束する出会いもあって…。どれも優しくて心が温かくなる短編集。それぞれの登場人物の配置と組み合わせ方も抜群に上手かった。大満足♪
  • 愛川晶『うまや怪談 神田紅梅亭寄席物帳』(原書房)
    シリーズの3冊目。(何故か2冊目は図書館になかった)ちょっと凝りすぎかな。話が複雑すぎてよくわからない部分があった。あと、悪いやつにももうちょっと可愛げがあって欲しい。徹底しすぎると読んでいて辛い。
  • 乙川優三郎『露の玉垣』(新潮文庫)
    最近口当たりの良い現代小説ばかり読んでいたので、急に歴史小説を読むと頭と目が付いていかない。しかも新発田藩家中の血縁関係、人間関係が複雑すぎる…(泣)でも、貧困に立ち向かう新発田藩の人々を丁寧に描く抑制のきいた文章はとても美しかった。
  • 畠中恵『こころげそう』(光文社文庫)
    う~ん…なんだかあまりスッキリしないなあ。幼馴染同士の友情や恋愛と事件があまり上手くリンクしていなかったような気がする。どちらか片方をメインにしたほうがよかったんじゃないのかな。勢いのある語り口や物語のテンポはよく読みやすかった。
  • 誉田哲也『武士道シックスティーン』(文春文庫)
    面白かった!魅力的なキャラクター、ストレートな文章、テンポのいい展開、どれもとてもよかった。女の子同士の青春+友情ものだけど、巧みな設定でサッパリした仕上がり。それでいて泣き所もちゃんとある。前向きなエンディングもよかった。
  • 荒木源『ちょんまげぷりん2』(小学館文庫)
    14歳になった友也が江戸時代にタイムスリップしてしまう…という話。展開がスピーディーで読みやすかったけど、あまり笑える部分はなかったのが残念。友也の成長物語という位置づけなんだろうけど、それにしても辛いエピソードばかりだった。
  • 海堂尊『ジャネラル・ルージュの伝説』(宝島社文庫)
    『~凱旋』の過去、現在、未来を描いた短編集。やはり速水は海堂作品の中で最強のキャラかもw「海堂尊物語」、「自作解説」、「海堂尊ワールド」(桜宮市年表とか登場人物一覧とか)付き。
  • 麻耶雄嵩『貴族探偵』(集英社)
    ネットのレビューで「貴族探偵ってそういう意味だったのか!」ってのが多かったんだけど、私もその感想を書いておこう。「そういう意味だったのか!」w 人を喰った設定がなかなか効いていたし、展開もスピード感があってサクサク読めた。
  • 高田崇史『毒草師』(講談社文庫)
    [QED Another Story]とのことだけど、タタルも奈々も出てこない。でも「変人が変な事件の謎を解く」のは同じ。今回も一つ目とか鍛冶職人とかの話が出てくるし。ただ、今までのQEDよりも幾分スピーディな展開で謎解きも分かりやすかった。
  • 蒼井上鷹『堂場警部補の挑戦』(創元推理文庫)
    話の内容よりも、構成がメインの作品。ひねり方は徹底してて「こういう方法もあるのか」と思うけど、内容はあまり好きじゃなかったな…。
  • 南英男『警視庁特命遊撃班』(祥伝社文庫)
    登場人物が多くて関係が複雑なんだけど、みんなすごく協力的(?)でドンドン喋って会話だけで進んでしまうので盛り上がりがないまま終わってしまった感じ。しかも最後のほうの関係性のまとめ方はかなり強引だったと思うなあ。
  • 山本弘『アリスへの決別』(ハヤカワ文庫JA)
    SF短編集。現代人の思考や慣習を風刺した最初のほうの作品は面白かったけど、後ろに行くに従って設定が難しくなって最後の「夢幻潜航船」はどんな状況なのかも理解困難だった。やっぱり私はSF向きじゃないかも。
  • 誉田哲也『武士道セブンティーン』(文藝春秋)
    『~シックスティーン』の続編。相変わらず展開がスピーディーで読みやすい。香織と早苗が交互に語り手になる「地の文」の軽快な語り口がとてもいい。『~エイティーン』も楽しみ!
  • 誉田哲也『武士道エイティーン』(文藝春秋)
    完結編。最後まで懸命で真っ直ぐで明るくて気持ちのいい作品だった。ただ、香織と早苗以外の話は2人の決着が付いてから別口で書いて欲しかったなあ。ちょっと集中力が削がれた。
  • 菊池幸見『泳げ、唐獅子牡丹』(祥伝社文庫)
    設定は面白いんだけど、文章がついていってない感じ。ストーリー自体は緩急があるのに、それが生かされずに全体的に平板な印象。それにしてもあのラストはどうなんでしょう?私はタイトル通り、泳ぐ場面で終わったほうが良かったと思うけど。
  • 森博嗣『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』(メディアファクトリー)
    原作のことを知らなければこれはこれでいい作品だと思う。(設定はともかく)読みやすいし。それぞれのファンの中に「私の」『トーマ』があって、それを全て網羅することは出来ない。それが判っていて敢えてこの作品を書いたことには敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩田陸/夏の名残りの薔薇

夏の名残りの薔薇 (文春文庫)
夏の名残りの薔薇 (文春文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

沢渡三姉妹が山奥のクラシック・ホテルで毎年秋に開催する、豪華なパーティ。参加者は、姉妹の甥の嫁で美貌の桜子や、次女の娘で女優の瑞穂など、華やかだが何かと噂のある人物ばかり。不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。これは真実なのか、それとも幻か?巻末に杉江松恋氏による評論とインタビューも収録。

各章ごとに登場人物が1人ずつ謎の死を遂げるのに、その時間の延長として始まる次の章にはその死んだはずの人物が生きて登場する、
物語の中には外部作品(アラン・ロブ=グリエ『去年マリエンバートで/不滅の女』)が大量に引用されている、
という異色の作品。

雰囲気としては嫌いじゃないけど、物語よりも設定の方に気を取られてしまうせいか「小説を読んだ!」という満足感はあまりなかったな。
膨大な引用文もどうも違和感があって、その部分はほとんど読み飛ばしてしまったし。

物語はちゃんと閉じないまま結末を迎えるけど、個人的にはそれはそれでこの作品の雰囲気に合っていてよかった。
逆に途中でちょっと収束しようとしてアリバイや言い訳みたいな事実が出てくるあたりがこの小説のスタイルを崩しているような感じがしたな。
もっと徹底的に曖昧なまま終始してもよかったかも。

最終章で登場人物がそれぞれの物語をぶつけ合うシーンはすごく印象的。 ここを舞台でやったら迫力ありそう。

小説って手軽だけど、雰囲気も舞台も登場人物も全部自分で設定して行かなくちゃならないし何かの拍子ですぐに現実に引き戻されてしまうけど、演劇(舞台)や映画はわざわざ「そこ」に行かなくちゃならない手間はあるものの、入ってしまえば自分で意識しなくてもその世界に没入出来る。
映画(しかもかなり実験的な作品だったらしい)をモチーフにしたこの小説も現実世界とは切り離されたどこか特別の場所(出来れば物語と同じような、山の中の小さいけれど豪奢なホテルで)で読むともっと楽しめるのではないかと思う。

去年マリエンバートで・不滅の女 (1969年)
去年マリエンバートで・不滅の女 (1969年)
去年マリエンバートで HDニューマスター版 [DVD]
去年マリエンバートで  HDニューマスター版 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小松エメル/一鬼夜行

一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)
一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)

内容(「BOOK」データベースより)

江戸幕府が瓦解して五年。強面で人間嫌い、周囲からも恐れられている若商人・喜蔵の家の庭に、ある夜、不思議な力を持つ小生意気な少年・小春が落ちてきた。自らを「百鬼夜行からはぐれた鬼だ」と主張する小春といやいや同居する羽目になった喜蔵は、次々と起こる妖怪沙汰に悩まされることに―。あさのあつこ、後藤竜二両選考委員の高評価を得たジャイブ小説大賞受賞作、文庫オリジナルで登場。

あらすじを読んだ感じからなんとなく連作短編をイメージしていたので、長編だったのが意外。
人間の子供に見える鬼と鬼のような顔をした人間の若者って取り合わせも、その2人が解決していく妖怪騒ぎも面白いんだけど、それぞれの関係性や屈託の原因がストーリーの中に埋没してしまって何故こういう現象が起こるのか、何故この登場人物はこういう行動を取っているのか、という動機の部分が分かりにくかった。

短編にして一つ一つの事件をきちんと完結して、その最後でそもそもの話を決着させる、という構成のほうが分かりやすかったんじゃないかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小路幸也/僕は長い昼と長い夜を過ごす

僕は長い昼と長い夜を過ごす (ハヤカワ・ミステリワールド)
僕は長い昼と長い夜を過ごす (ハヤカワ・ミステリワールド)

内容(「BOOK」データベースより)

50時間起きて20時間眠る特殊体質のメイジ。草食系でのんびりした性格に反し、15年前、父親を殺されたというハードな過去の持ち主。現在はゲームプランナーをしつつ、体質を活かした“監視”のバイトをしている。だが、そのバイトのせいで二億円を拾ってしまい、裏金融世界の魔手に狙われる羽目に。メイジは戸惑いながらも知恵と友情を武器に立ち向かうが、この利とも枷ともなる体質が驚愕の事態を招く。

これでもかっ!というくらい複雑な主人公・明二の設定がまず印象に残る。 この設定分割すれば3つくらい物語がかけるんじゃ?と思うくらい。
正直「そこまでする必要あったのかなあ」と思う。
特に明二の両親についての設定は非常に重く、辛い。
にもかかわらず、それをにとらわれず、マイペースに生きる明二。
その気持ちの有り様についても何度も書かれているけれど、それを上手く飲み込めなかった。
それは「こういう原因があるなら、こういう結果であるはず」という視野が狭い私の思い込みなのかもしれないけど、必然の設定というより設定のための設定という印象が最後まで拭えなかった。

物語自体は冒頭の明二のバックグラウンドを紹介するあたりがちょっとモタついている感じだけど、それ以降設定が複雑なのに展開がスムーズでテンポがよくとても読みやすかった。
明二を始め、登場人物もみんな生き生きとしてて好印象。
なかでも大金を手にしてしまった明二の逃亡と交渉をサポートする謎の男<ナタネ>の存在感は圧倒的。
<強奪屋><奪還屋>の裏を読んで明二たちを安全な場所に導いていく過程もカッコよく面白かったし、ラストで真実を静かに語る姿もとても印象的だった。

ただ、途中までどこに着地するか判らなくてドキドキしながら読んだ割には敵側と対峙するシーンが割とあっさりと終わってしまったのはちょっと肩透かしだったかな。
もうちょっと派手なシーンを期待していたんだけど。

ところで、あの方法でお金を使った場合、税務処理とか大丈夫なのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »