« 高橋由太/もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ | トップページ | 当ブログの記事は【著作権フリーではありません】! »

2010/08/11

映画:ちょんまげぷりん

同名小説の映画化。
そんなに派手じゃないけど、原作のよさを生かした面白い映画だった。
ひろ子・友也親子と安兵衛が心を通わせていく過程も自然に描かれていたし、映像だから出来る小ネタもたくさんあってけっこう笑えた。
ひろ子たちと再会した安兵衛がお風呂に入って、着替えて出てきたときパーカーの前立てを着物みたいに合わせて裾をスエットパンツの中に入れて着ていたシーンが好きだったな(^^)

キャストも思っていたよりも設定にあっていて安心して見ていられた。
特に友也役の鈴木福くんが子供らしくて可愛かった♪

ただ、時間が短かったせいもあるかもしれないけど、仕事と家族の関係の部分はちょっと消化不良だったかも…。
ひろ子の葛藤とか苛立ちとかもうちょっと突っ込んでもよかったのでは。
あと同僚の田中くん(キング・オブ・コメディの今野くん)とひろ子親子との交流がもうちょっとあってもよかったなあ。
あと、原作にあった「TVの時代劇にハマる安兵衛」も見てみたかった。

全体的によくまとまった作品だと思うけど、一番よかったのはエンディングテーマ。
「ウルウルしたけど、泣くほどではなかったかな」と思いながら最後まで見終わったら急に清四郎の声で「Remenber me~♪」って聞こえてきて、それだけでブワッと泣いてしまった。
あの声は圧倒的ですねえ…。
「ゴールデンスランバー」のときもエンディングの曲がよくて、珍しくタイトルロール全部見ちゃったけど、今回も同じようにやられました。
選曲のセンスが抜群です。

ちょんまげぷりん公式サイト

|

« 高橋由太/もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ | トップページ | 当ブログの記事は【著作権フリーではありません】! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

takoさん、おはようございます^^

ちょんまげぷりん、私も見たいな~って思ってます。原作は読んでませんが、
予告で見た錦戸亮くんの表情がすごくいいな~っと( ̄∇ ̄*)ゞ

なんかすごく雰囲気があるんですよね^^

余談ですが、
この記事が書かれてたのは8月11日だったんですね^^;

今朝、パソコンを開けたらrssが更新されていてメインページから入ったら見つからなかったので、タイトルから入りました( ̄∇ ̄*)ゞ


毎日見てるのになんで気付かなかったんだろ?

なので、このタイミングでのコメントとなりました^^;

これも余談ですが、
字を少し詰めて表示されているんですね?
私もこのフォントがかわいいな~と思って使っています。

て、もしかして少し前に使ってたのと違うかも!?^^;


投稿: sacchi | 2010/09/09 08:40

■sacchiさん
こんにちは。ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます♪

錦戸くん、カッコよかったですよ~♪
顔の作りとかけっこう派手めなのに、ちょんまげとか和服とかちゃんと似合ってました(^^)

まだ劇場でもやってるみたいだけど、特撮ものとかではないのでおうちでDVDでも十分楽しめると思いますよ。
機会があったら是非。
原作も読みやすいので併せてどうぞ~。
(回し者ではありません^^;)

>毎日見てるのになんで気付かなかったんだろ?

ゴメンナサイ!これは、私のミスなのです。
実は映画を見たのが8月10日でその翌日に感想を書いたのですが何となく書き足りない感じがして下書きにしておいたんですよ。
で、そのまま忘れてしまっていたことに、昨日になって気づきまして(汗)
もう1ヶ月も過ぎてるからどうしようかと迷ったんですが、せっかく書いたんだからアップしちゃえ!となった次第。
日付も変えればよかった、と思ったのは保存しちゃった後でした…orz
なので、sacchiさんが気づかなくて当然です。
失礼しました[汗]

フォントは「Meiryo UI」と「MS UI Gothic」を使ってます。
「MS~」のほうは以前からずっと使っていて、「Meiryo~」のほうはこの春にPCを買い換えてから追加しました。
(PC変えたら「MS~」だと文字が細くて見えにくくなってしまったのです)
どちらもカタカナがちょっ幅がと細めに出るのでスッキリ見えますよね。
私も大好きなフォントです♪

投稿: tako | 2010/09/09 22:28

takoさん、こんにちは♪

ちょんまげぷりんの原作読みました!すごく面白かったです!!

で、読んだ後にもう一度記事を読み返してみたら、、「TVの時代劇にハマる安兵衛」のシーンは・・・・ないんですね(;´Д`)ノ
私もそこ見たかったです・・

たった2時間(くらいですか?)で原作をありのまま表現するのはやっぱり難しいんでしょうが(脚本と監督によりますが)HPにあるように「大切なこと」へ期待大です^^
たくさん考えさせられることがあって、すごく物語を身近に感じました。

本を読んだら、キャストもぴったりだな~とかいろいろと想像が膨らみますね♪(錦戸くんは男前すぎだけど^^;笑)

劇場情報では、10月末から公開・・という場所もあるみたいなのでDVDが出るのはまだまだ先ですね。

気持ちは今すぐにでも観たい!!ですが、忘れた頃に観た方がかえって新鮮かも・・と思うことにします(笑)

何度もコメントしてしまってすみません。


ではではヽ(´▽`)/

投稿: sacchi | 2010/09/30 16:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/49391217

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ちょんまげぷりん:

« 高橋由太/もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ | トップページ | 当ブログの記事は【著作権フリーではありません】! »