« 乙川優三郎/露の玉垣 | トップページ | '10年09月の読了本 »

2010/08/13

畠中恵/こころげそう

こころげそう (光文社時代小説文庫)
こころげそう (光文社時代小説文庫)

内容(「BOOK」データベースより) 
江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―幽霊の身となって!神田川でこときれた於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうちに、九人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩みが絡み合ってきて―ほんのりせつない大江戸青春恋物語。

内神田で下っ引きを勤める青年・宇多が主人公なので、「しゃばけ」シリーズよりも軽快でスピード感のある語り口。
そこは好感が持てたけど、ストーリー的にはは今ひとつ。

同じ町内で兄弟のように育った幼馴染9人の友情と恋愛+それに絡む不穏な事件の謎を解く、という構成だったんだけどどうも読後感がスッキリしない。
ラブストーリーとミステリー、どちらも詰め込みすぎで焦点がぼやけてしまった印象を持った。

だいたい、9人(男4人、女5人)もいれば1組、2組くらい好いた惚れたの関係になるのは判るけど、9人全員がその中の誰かが好きで三角関係、四角関係になるってちょっと不自然じゃないかと思う。
ただ、これについては「そういう設定なんだ」といわれれば「そうですか」と納得できる。
そういう閉じた関わりというのもアリでしょう。
でもだとしたらそれをメインにそれぞれの恋の顛末を描くだけで十分だったのでは。
9人の思うようにならない恋の行方をメインに、事件は起こっても「日常の謎」といった範囲のミステリーに留めておけば、その想いが上手くいっても行かなくてももっと後味がさわやかなお話になったんじゃないかと思う。
実際それがメインで書かれた「乞目」とか、「力味」のほうが、事件に直接絡む話よりも面白かったもの。

ラストも宇多が消えてしまった於ふじに対して心の区切りをつけるところで終わってるけど、いつも宇多の傍にいたお絹の気持ちには全く触れていないというのもちょっとひっかかった。

「恋はしがち」「乞目」「八卦置き」「力味」「こわる」「幼なじみ」の6編を収録。

|

« 乙川優三郎/露の玉垣 | トップページ | '10年09月の読了本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

購入本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/49139059

この記事へのトラックバック一覧です: 畠中恵/こころげそう:

« 乙川優三郎/露の玉垣 | トップページ | '10年09月の読了本 »