« 謹賀新年 | トップページ | 堂場瞬一/チーム »

2011/01/06

OutlookExpressの「名前を付けて保存」

会社のPCでメーラーにOutlookExpressを使っている人から
「以前はメールを<名前を付けて保存>しておけば、テンプレートとして使い回し出来たんだけど、PC入れ替え(2K→XP)したら出来なくなった。何故だか判る?」
と質問された。
確かに私も以前はそういう使い方をしていたことがあったので、「何か設定で変なところ触ったのかな~?」と思いながらPCを見せてもらったけど今ひとつ原因が判らない。
<名前を付けて保存>自体は出来るけど、その後開いてもファイルを添付することも出来ないし、それどころかよく見たら「送信ボタン」もなくなっているのに気づいた。

これはもしかして設定とかの問題じゃないのかも…と思いつつ、Web検索したら、それらしい内容が書いてあるページを発見。

MS06-16の対策をしたら、以前保存していたメール送付の雛形**.emlが使えない

要は、マイクロソフトから発行されたセキュリティパッチの影響で以前のような使い方は出来なくなったらしい。
(保存してメール画面を閉じた時点で[受信メール]扱いになり、編集出来なくなる)
なるほど…って、これ2006年に発行されたパッチじゃないですかっ!
それに今更引っ掛かるって…(ーー;)

さすがに「パッチを削除して」とは言えないので、一応代案としてメール作成中に「ファイル」>「保存」をクリックして<下書き>として保存する、という方法を教えてきた。
ただこれだと、そのメールを送信してしまうと消えちゃうのが難点。
(オリジナルが残らない。「下書き」なんだから当然だけど)
なので、「フォルダにコピーする」で下書きフォルダーに同じメールをいっぱい作っておいて順番に使ってね~と言ってきたけど…やっぱり面倒だよね。

何か他にいい方法ないかなあ。
ホントは他のメーラーを使えればいいんだけど、会社用なので勝手にソフトのインストールは出来ないのが困ったところ。
なんといってもブラウザもまだIE6なんだから(-.-)
そのせいか、最近デザインが崩れて見えるサイトが多くなってきたような気がする…(汗)
セキュリティ対策するならメーラーもブラウザも新しくしたほうがいいと思うんだけどなあ。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 堂場瞬一/チーム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/50512161

この記事へのトラックバック一覧です: OutlookExpressの「名前を付けて保存」:

« 謹賀新年 | トップページ | 堂場瞬一/チーム »