« 中村弦/天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語 | トップページ | 吉永南央/萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ »

2011/06/14

有栖川有栖/長い廊下がある家

長い廊下がある家
長い廊下がある家

火村准教授+作家アリスコンビの短編集。

相変わらずの安定感で安心して読めた。
有栖川さんは事件の前の導入部が上手い。
事件から遠いところから始まって丁寧に情景を切り取りつつ、少しずつ核心に近づいていく描写が「何がはじまるのかな」という期待と緊張を適度に高めてくれる。
火村とアリスのセリフの応酬も面白いし、結末が明快でスッキリしてるのも好き。

表題作他「雪と金婚式」「天空の眼」「ロジカル・デスゲーム」の4編を収録。

「天空の眼」は珍しくアリスが一人で謎を解く話。
「ロジカル・デスゲーム」は逆に火村が一人で苦境に陥る話。
今回もいろんなバリエーションの話があって楽しかった。

ちなみに「ロジカル・デスゲーム」に出てくる確率の話は解説されてもよく判らなかった…。
ホントに数学的才能がないよなあ(ーー;)

|

« 中村弦/天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語 | トップページ | 吉永南央/萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

それはぜひ夏以降に発売されるのではないかという、小波先生著の確率の本をお読みいただくということで、ひとつ。中公新書らしいです。

投稿: ムムリク | 2011/06/14 21:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/51944588

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖/長い廊下がある家:

« 中村弦/天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語 | トップページ | 吉永南央/萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ »