« 今野敏/憑物 祓師・鬼龍光一 | トップページ | 今野敏/陰陽 祓師・鬼龍光一 »

2011/06/06

領家高子/怪談 お露牡丹

怪談お露牡丹
怪談お露牡丹

根岸の古刹・建徳寺の住職芳堂に襖絵を依頼され、その準備のために寺に寄宿している若き絵師 丈岑(じょうしん)。
満開の牡丹が咲き誇る庭で画帳を開いていた丈岑は、ばあやのきよを伴った美しい町娘 露と出会う。
若く美しい娘でありながら根岸の里で人目を偲んで暮らす露には他人には言えない秘密があった…。

タイトルに「怪談」とあるけれど怖い話ではない。
美しく切なく静かな物語。
特に最初の3編は妖艶で、それでいて穏やかな世界が美しい文章で描かれていて素晴らしかった。

それに比べると最後の2編は少し俗っぽいイメージ。
でも、その「俗」を見据えながら、それでも尚、建徳寺の「聖」を守り抜こうと自分らしい方法で静かに立ち向かう丈岑の姿が清々しかった。

「於露牡丹」「二度童」「拈華微笑」「邯鄲師」「気韻生動」の5編を収録。

|

« 今野敏/憑物 祓師・鬼龍光一 | トップページ | 今野敏/陰陽 祓師・鬼龍光一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/51891615

この記事へのトラックバック一覧です: 領家高子/怪談 お露牡丹:

« 今野敏/憑物 祓師・鬼龍光一 | トップページ | 今野敏/陰陽 祓師・鬼龍光一 »