« 西崎憲/蕃東国年代記 | トップページ | 森谷明子/白の祝宴 逸文紫式部日記 »

2011/06/26

吉永南央/その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ

その日まで―紅雲町珈琲屋こよみ
その日まで―紅雲町珈琲屋こよみ

「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの2作目。
先日読んだ1作目(『萩を揺らす雨」)は先入観に惑わされて楽しめなかったけど、今回は作品の雰囲気が判っていたので素直に読めた。

今回はお草さんの店・小蔵屋のそばに新しく出来た和雑貨屋からの妨害工作と、その店も絡んだ悪質な不動産取引で被害を受けた人のためにお草さんが一肌脱ぐ話。
きれいに全てが解決したわけではないし、ほろ苦い結末ではあったけど、丁寧で誠実な話の展開に好感が持てた。
お草さんが新しい人たちと知り合ってゆくきっかけも自然でよかった。

|

« 西崎憲/蕃東国年代記 | トップページ | 森谷明子/白の祝宴 逸文紫式部日記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52090280

この記事へのトラックバック一覧です: 吉永南央/その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ:

« 西崎憲/蕃東国年代記 | トップページ | 森谷明子/白の祝宴 逸文紫式部日記 »